FC2ブログ
つくぶすま68の備忘ログ ホーム »
このページの記事一覧

冬戦争  

前回の続き。
4月中旬、新古書店へ本を売りに行った話である。

売ったのは

①ミーツ・リージョナル№209 2005年11月号 京阪神エルマガジン社 2005年

フィールダーvol.50

②フィールダーvol.50 笠倉出版社 2020年
③太陽№360 1991年6月号 平凡社 1991年

④時空旅人別冊 今こそ知りたいアイヌ 三栄書房 2017年
⑤文藝別冊 「総特集」いしいひさいち 仁義なきお笑い 河出書房新社 2012年3刷
⑥ドゥーパ!特別編集 DIYで軽トラを10倍楽しむ本 学研プラス 2016年
⑦軽トラック生活vol.1 地球丸 2019年

⑧椎名誠 みるなの木 早川書房 1996年

捕まえて、食べる

⑨玉置標本 捕まえて、食べる 新潮社 2017年
⑩齋木伸生 冬戦争 イカロス出版 2014年
⑪今尾恵介 地図帳の深読み 帝国書院 2020年3刷
⑫西海賢二 江戸の漂泊聖たち 吉川弘文館 2007年
⑬平凡社東洋文庫編集部編 東洋文庫ガイドブック 平凡社 2002年2刷

⑭時空旅人編集部 今こそ知りたいアイヌ サンエイ新書 2018年
⑮藤井孝一 週末起業 ちくま新書 2003年9刷
⑯藤井孝一 週末起業チュートリアル 2004年2刷
⑰椎名誠 わが天幕焚き火人生 産業編集編集センター 2019年

⑱渡辺恭二 逝きし世の面影 平凡社ライブラリー 2011年23刷
⑲塩野七生 ローマ人の物語29 終わりの始まり(上) 新潮文庫 2007年
⑳塩野七生 ローマ人の物語30 終わりの始まり(中) 新潮文庫 2007年
㉑塩野七生 ローマ人の物語31 終わりの始まり(下) 新潮文庫 2007年
㉒塩野七生 ローマ人の物語32 迷走する帝国(上) 新潮文庫 2008年
㉓塩野七生 ローマ人の物語33 迷走する帝国(中) 新潮文庫 2008年
㉔塩野七生 ローマ人の物語34 迷走する帝国(下) 新潮文庫 2008年
㉕塩野七生 ローマ人の物語35 最後の努力(上) 新潮文庫 2009年
㉖塩野七生 ローマ人の物語36 最後の努力(中) 新潮文庫 2009年
㉗塩野七生 ローマ人の物語37 最後の努力(下) 新潮文庫 2009年

㉘入江亜季 北北西に曇と往け1 KADOKAWA 2018年6刷 

北北西に曇と往け2

㉙入江亜季 北北西に曇と往け2 KADOKAWA 2018年
㉚入江亜季 北北西に曇と往け3 KADOKAWA 2019年
㉛入江亜季 北北西に曇と往け4 KADOKAWA 2020年

以上31冊。

買取金額は以下の通り。

①5円
②60円
③5円

④20円
⑤5円
⑥300円
⑦300円

⑧5円
⑨70円
⑩450円
⑪300円
⑫50円
⑬100円

⑭60円
⑮5円
⑯5円
⑰70円

⑱250円
⑲30円
⑳30円
㉑50円
㉒30円
㉓50円
㉔30円
㉕30円
㉖50円
㉗50円

㉘100円
㉙100円
㉚150円
㉛150円

計2910円 + 10%割増クーポン使用291円 = 3201円


一番買取金額が高かったのが

⑩齋木伸生 冬戦争 イカロス出版 2014年

の450円。

ミリタリーものはやっぱり人気があるのだろう。

冬戦争 イカロス出版

この本は1939~40年にソ連とフィンランドが戦った冬戦争(第一次ソ・フィン戦争)について書かれている。

ソ連と2回戦った(冬戦争と継続戦争(1941~1944))小国フィンランドは善戦するが、結果は敗北に終わった。
しかし、独立は守り、共産化を免れた。

この戦争での空戦に興味があり関連本を何冊か持っているが、積読状態である。
他の本に目移りしてしまってなかなか読めないのだ・・・


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

category: 本を売る

thread: 読んだ本の紹介

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

ウポポイ  

前回の続き。
4月中旬、新古書店へ本を売りに行った話である。

売ったのは

①ミーツ・リージョナル№209 2005年11月号 京阪神エルマガジン社 2005年
②フィールダーvol.50 笠倉出版社 2020年
③太陽№360 1991年6月号 平凡社 1991年

④時空旅人別冊 今こそ知りたいアイヌ 三栄書房 2017年

文藝別冊 「総特集」いしいひさいち 仁義なきお笑い

⑤文藝別冊 「総特集」いしいひさいち 仁義なきお笑い 河出書房新社 2012年3刷
⑥ドゥーパ!特別編集 DIYで軽トラを10倍楽しむ本 学研プラス 2016年
⑦軽トラック生活vol.1 地球丸 2019年

⑧椎名誠 みるなの木 早川書房 1996年
⑨玉置標本 捕まえて、食べる 新潮社 2017年
⑩齋木伸生 冬戦争 イカロス出版 2014年

地図帳の深読み

⑪今尾恵介 地図帳の深読み 帝国書院 2020年3刷
⑫西海賢二 江戸の漂泊聖たち 吉川弘文館 2007年
⑬平凡社東洋文庫編集部編 東洋文庫ガイドブック 平凡社 2002年2刷

⑭時空旅人編集部 今こそ知りたいアイヌ サンエイ新書 2018年
⑮藤井孝一 週末起業 ちくま新書 2003年9刷
⑯藤井孝一 週末起業チュートリアル 2004年2刷
⑰椎名誠 わが天幕焚き火人生 産業編集編集センター 2019年

⑱渡辺恭二 逝きし世の面影 平凡社ライブラリー 2011年23刷
⑲塩野七生 ローマ人の物語29 終わりの始まり(上) 新潮文庫 2007年
⑳塩野七生 ローマ人の物語30 終わりの始まり(中) 新潮文庫 2007年
㉑塩野七生 ローマ人の物語31 終わりの始まり(下) 新潮文庫 2007年
㉒塩野七生 ローマ人の物語32 迷走する帝国(上) 新潮文庫 2008年
㉓塩野七生 ローマ人の物語33 迷走する帝国(中) 新潮文庫 2008年
㉔塩野七生 ローマ人の物語34 迷走する帝国(下) 新潮文庫 2008年
㉕塩野七生 ローマ人の物語35 最後の努力(上) 新潮文庫 2009年
㉖塩野七生 ローマ人の物語36 最後の努力(中) 新潮文庫 2009年
㉗塩野七生 ローマ人の物語37 最後の努力(下) 新潮文庫 2009年

㉘入江亜季 北北西に曇と往け1 KADOKAWA 2018年6刷 
㉙入江亜季 北北西に曇と往け2 KADOKAWA 2018年
㉚入江亜季 北北西に曇と往け3 KADOKAWA 2019年
㉛入江亜季 北北西に曇と往け4 KADOKAWA 2020年

以上31冊。

アイヌ関連の本が2冊ある。

④時空旅人別冊 今こそ知りたいアイヌ 三栄書房 2017年

はアイヌ文化を紹介したムックである。

時空旅人別冊 今こそ知りたいアイヌ

漫画「ゴールデンカムイ」の1コマを適所適所に配していて、非常に読みやすく仕上がっていた。


⑭時空旅人編集部 今こそ知りたいアイヌ サンエイ新書 2018年

は「ゴールデンカムイ」の挿絵や記事を無くした新書版であり、それ以外の内容は全く同じである。
この2冊は買ってすぐ読まず、「積読(つんどく)」していたので内容が重複するものを買ってしまった。

この本を売る時、「ウポポイ」のことを思い出していた。
「ウポポイ」は北海道・白老町にできるアイヌ民族をテーマとした国立の民族共生象徴空間で、国立アイヌ民族博物館などの施設がある。
今年4月24日に開業予定だったが、新型コロナウィルスの影響で延期され、いまだに目処がついていない。

開業したらぜひ行ってみたい、できればオートバイツーリングで、と思っている。

次回へ続く。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

category: 本を読む

thread: 読んだ本の紹介

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop