つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 未分類 »人類消滅直後の世界

人類消滅直後の世界  

あけましておめでとうございます。

年初ということで特別に記事を書く、ということもなく単なる前回の続きへ。

軽トラに関する本を「明るい廃墟」の書店で買った。

「明るい廃墟」、ではなく「元・明るい廃墟」と言うべきか。
滋賀県守山市にあるショッピングモール、ピエリ守山のことである。

琵琶湖大橋東詰にある県下最大級のショッピングモールで2008年9月に開業した。
開業時は約200店舗があったが、景気の悪化やその後開業・増築した周囲の大型商業施設との競合で店舗数の減少が進み、
売却報道がされた2012年3月時点で約70店舗、2013年2月時点で約60店舗、同年9月で8店舗、同年11月時点では4店舗にまで減少していた。

照明が明るく点灯しエスカレーターなどの各種設備も作動している一方で、大半の店舗スペースが空き店舗となり、
買物客も少なく閑散とした様子がインターネット上で話題を呼び、「明るい廃墟」「生ける廃墟」「ネオ廃墟」などと呼ばれるようになった。
(ウィキペディア参照)

そして運営会社が変わり、つい先日の2014年12月17日にリニューアルオープンした。

もう廃墟とは言わせない

自分は「明るい廃墟」時代に何回かピエリ守山を訪れているが、異様だったことを覚えている。
空き店舗ばかりで客もほとんどいないのに普通に照明は点灯し、普通にエスカレーターは無人でも動いている。
人影がほとんどないせいか、照明は他のショッピングモールよりも明るく感じたくらいだった。
そしてトイレ等の清掃はしっかり行き届いている。

ある時突然、何の前触れもなく全人類が消滅してしまった直後のショッピングモールってこんな感じなんだろうと思った。
SF映画の疑似体験をした気分だった。

ちなみに公式キャラクターのアユちゃんとナズマ館長のツイッターが結構面白くて好きである。
ネット上でも話題になっていた。

ナズマ館長

さてそんなリニューアル後のピエリ守山に行ってきた。

次回へ続く。

それではヘイヘイ。

*しかし新年最初の記事タイトルが「人類消滅直後の世界」とはあまりおめでたくないよなあ。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: 未分類

thread: ショッピング

janre: ライフ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/98-753d6f5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop