つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 新刊を買う »今は昔、京に駸々堂なる書肆ありけり

今は昔、京に駸々堂なる書肆ありけり  

記事タイトルが古語の文法に合っているかどうか心許ないが・・・

過日の記事で来年の歴史手帳(吉川弘文館)を買えなかった事を延々と書いたが、
今回はその続きである。

今回は京都・四条河原町交差点の北東角にあるブックファースト京都店へ行って買おうと思う。
ブックファーストならあるだろうという考えと
四条河原町に移転後のブッックファーストへ行ったことが無いので店自体に興味があったからだ。

2007年10月に現在地に移転して再オープンしたが、それ以前は河原町六角の北西角、京都宝塚劇場と同じビル内にあった。
この時には何回か足を運んでいる。

ブックファースト京都店は河原町六角で2000年に開店した。
なぜこの場所だったのか。
多分同じ阪急系列のビルであったことと
ブックファースト入居以前に書店が入っていたのが大きな理由かもしれない。

その書店は駸々堂(しんしんどう)という。
京都の老舗大型書店で2000年に経営破綻した。

学生時代、自分にとって京都の大型書店といえば丸善か駸々堂のどちらかだった。

両者目と鼻の間の近い距離にあった。河原町通りを挟んでほぼ相対していたと言って良い。
インターネットなどまだ無かった頃で本の情報を得るには直接大型書店へ行くしかなかった。

駸々堂へ行くと「おもろい」本や欲しい本が見つけられた。
しかし貧乏学生の身分で本が買えず、泣く泣くあきらめることが数多くあった。

図書館で借りて読書欲は満足できるが、
気に入った本を手元に置きたい所有欲は満たされなかった。
その反動が現在来ているのかもしれない。

さてブックファースト京都店へ。
歴史書のコーナーに行くとあっさり「歴史手帳」が見つかり買い物かごに入れる。

歴史手帳2015

しかし本屋に来た以上、この1冊を買ったのみで帰るわけがない。
散財モードにスイッチが入った。

続く。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

category: 新刊を買う

thread: 歴史関係書籍覚書

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/92-a235eda8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop