つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 大阪の博物館、美術館、展覧会 »うしろ姿のしぐれてゆくか

うしろ姿のしぐれてゆくか  

前回の続き。

あべのハルカスで開催されている「ムーミン展」へ行ってきた。

展示を見終わり、会場出口のすぐ外のグッズ売り場へ。
公式図録とグッズを買おうと思う。

IMGP0776.jpg

公式図録はトートバッグに入った20㎝×20㎝の正方形である。

グッズは「人生の師」であるスナフキンのものを探した。

IMGP0779.jpg

まずは耐熱プラスチック製マグカップ。

そして栞とステッカー。

IMGP0781.jpg

スナフキンを描いた挿絵の中でも特に好きなのはこの後ろ姿の絵である。

この哀愁がただようが、どこか飄然としたこの後ろ姿を見よ。
自分のように背中が丸まった疲れた中年オヤジの後ろ姿とは大違いだ。

この絵を見るといつも放浪の俳人、種田山頭火の句を思い出す。

うしろすがたのしぐれてゆくか

山頭火が句を詠んだ状況とスナフキンのこの後ろ姿の状況とは全く違うと思うが、
なんだか切ない気持ちになるという点では同じである。
久しぶりに山頭火の作品を読んでみようかな。

IMGP0788.jpg

かごを持って集中レジへ。
10人くらいの店員が受け付けていた。

自分の両隣のレジ受付から

「3万○○円でございます。」
「5万○○円いただきます。」

と信じられない金額が聞こえてきた。
ムーミン好きの女性の大人買いということか。

会場の外では丁度希望者先着30名の写真撮影会が行なわれていた。
ムーミン、スナフキン、ミイと一緒に記念撮影ができるという。
自分はギャラリーとしてこれを眺めていた。

IMGP0770.jpg

ムーミン、スナフキンはなんだかビミョー・・・
しかしミイ役の女性はかわいいと思った、チビじゃないけど。

この後、あべのハルカスの展望台へも行かず、そのまま帰宅した。

それじゃあヘイヘイ(フィンランド語で「バイバイ」という意味)。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: 大阪の博物館、美術館、展覧会

thread: アート・デザイン

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/91-76d45eba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop