つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 大阪の博物館、美術館、展覧会 »阿倍野まで師匠に会いに行く

阿倍野まで師匠に会いに行く  

フィンランドの作家、トーベ・ヤンソン(2001年逝去)の生誕100周年の今年、
彼女の代表作であるムーミンシリーズの関連本が多く出版されている。
特集記事を組む雑誌も多かった。

そして「ムーミン展」が全国を巡回している。
今年最後のは大阪・阿倍野で現在開催中である(~12月25日)。
先日の公休日(平日)に行ってきた。

IMGP0768.jpg

JR天王寺駅に1000時頃降り立った。
そのすぐ駅前には日本一高いビルである「あべのハルカス」がそびえている。
その中にある近鉄百貨店本店8階、近鉄アート館へ行く。

20人ほどが当日券売り場で並んでいたが、すぐに入場できた。
平日の開場直後ということもあり思ったほど混雑はしていなかった。
来場者はやはり圧倒的に女性が多い。
男性もちらほらいたが、こちらはカップルがほとんどだった。
自分のような中年男性1人で来ている方はかなり少なかったが、
全くいなかったわけではないので「気恥ずかしさ」はあまり感じなかった。

展示は黒いペンで書いた原画がほとんどで
カラフルなイメージを持っている方やアニメ放映の可愛さを求めている方は戸惑うだろう。

しかし自分はこのシンプルな原画が好きである。
躍動感があり、寂寥感がただよう絵に見入ってしまった。
見ているだけで現実逃避ができる。
悩み事やストレスを抱えている方はもちろんだが
仕事や生活に疲れている中年男性やお父さん達にもオススメかもしれない。

IMGP0785.jpg

1時間弱ほどいただろうか。
出口のすぐ外のグッズ売り場へ。
公式図録とグッズを買おうと思う。
グッズは「人生の師」であるスナフキンのものを探した。

続く。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

category: 大阪の博物館、美術館、展覧会

thread: アート・デザイン

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/90-666581a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop