つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 社会・労働 »本をなるべくネットで買わない理由

本をなるべくネットで買わない理由  

前回の続き。

吉川弘文館が発行している「歴史手帳」を買いに大型書店へ行った。

しかし売っていない。
歴史書のコーナーに毎年あるはずなのだが無い。手帳のコーナーにも行ってみたが無い。

仕方が無い。あきらめて別の書店で買うことにする。

ネットでなら手軽に買えるが、本当に本が無い場合の最後の手段としてのみ活用している。
なぜなら事前に現物を手に取ることができない。
それに「買い物をする」という実感や楽しみが無い。

最大の理由は新しい本の発見が少ないということである。
書店へ行って、目当ての本や雑誌を買うついでに何気なく本の棚を見て歩く。
自分の知らない「おもろい」本があるかもしれないと思いつつ・・・
そして「おもろい」本を発見したときの喜び、興奮。
ネットでは味わえない。

この日は結局歴史手帳を買えなかったが、折角来たのだから最近欲しいと思った新刊を買おうと思った。

・小山力也 古本屋ツアー・イン・神保町 本の雑誌社 2014年

・森山伸也 北緯66.6° 本の雑誌社 2014年

の2冊である。

まず「古本屋ツアー・・・」を買おうと文芸評論、書店・図書館本コーナーへ行く。

その途中のビジネス書コーナーの平台にあった本が目に付いた。

・吉江勝 北野哲正 ゼロ起業 実業之日本社 2014年

ゼロ起業

「資金もリスクも心配なし。ほんの少しの「知識差」でキャッシュを生み出す仕組みと集客術」
「あなたの経験・知識をお金に換えるノウハウ」
という文句に惹かれた。

工場勤めを辞めて、鴨長明みたいな隠遁生活を送りたいが
その第一歩として副業・起業をしてみたいと思っている。

隠遁生活したいのに副業・起業とは変じゃないか、とツッコミを受けるだろうが
隠遁生活をして日々の食い扶持を稼げる方法は何か無いかと常に考えている。
そのヒントになるかもしれないと思い買い物かごに入れる。

ん?いつのまに買い物かごを手にしていたのか?本がまた増えてしまうのに買う気満々じゃないか。

何はともあれ文芸評論、書店・図書館本コーナーへ。

しかし・・・

次回へ続く。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: 社会・労働

thread: 起業

janre: 就職・お仕事

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/86-2f5731e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop