つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 本を買う »来年の手帳はお決まりですか

来年の手帳はお決まりですか  

自分は手帳を2冊使い分けている。
家に常備し日記代わり、と言ってもメモ程度に使用している1冊と、外出する際に携帯する1冊である。

家に常備しているものは1998年以降毎年同じものを買っている。
ちくま文庫の文庫手帳である。

安野光雅が毎年表紙を書いているこの手帳は、特にこれと言った機能はないが
シンプルで使いやすく気に入っている。

文庫手帳2015

そして携帯する方の1冊は毎年変わっている。

何故なら毎年多種多様な面白い手帳が年末近くに出版されており、使ってみたいと思うからだ。

例えば京都手帖(光村推古書院)。
京都に関する情報満載のこの手帖は読んでいるだけで面白く、デザインも秀逸な為メモするのがためらわれる。
多分全国で売っていると思うが、京都限定で売っているものは表紙デザインが違う。

例えば海上保安ダイアリー(成山堂書店)。
この手帳は海で働く人、釣りをする人、ヨットやボートに乗っている人など、海に関わる人にとって役立つだろう。
日の出・日没時刻、潮汐、信号旗等、海に関する情報が満載である。

さて来年は歴史手帳(吉川弘文館)に決めた。

過去に2冊ほど買っているが、今回60年ぶりの全面改訂ということで買ってみようと思った。

判型が三五判から文庫判に拡大され、本文用紙が淡い黄色になり優しい風合いになっている。
付録も従来通りにあるもの、例えば世界史・日本史重要年表、朝鮮・中国歴代表等が適宜修正されていたり、
新規に国内世界遺産一覧、日本人ノーベル賞受賞者一覧等の項目が追加されている。

家の近くで歴史手帳を毎年販売している大型書店があるので買いに行った。

しかし・・・

次回に続く。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

category: 本を買う

thread: 文房具大好き!

janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/85-edb298e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop