FC2ブログ
つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 2019昭和レトロカー万博 »さそり座の車

さそり座の車  

前回の続き。
大阪南港での「昭和レトロカー万博2019」(2019年11月17日(日)1日のみ開催)へ行ってきた話である。

引き続きイタリア車を見ていこう。

1966年式フィアット・アバルト1000SP-1

1966年式フィアット・アバルト1000SP。 

1966年式フィアット・アバルト1000SP-3

マフラーが突き出しすぎ。

1966年式フィアット・アバルト1000SP-2

見た目とは違い、ナンバープレートが付いているから公道を走れるのだろう。

1983年式アウトビアンキA112アバルト-1

1983年式アウトビアンキA112アバルト。
出展していたクルマにはボンネットに大きく「アバルト」の象徴であるサソリのマークが描かれていた。

「アバルト」はオーストリア・ウィーン生まれのカール(後にイタリアに移住しカルロ)・アバルトが1949年に設立した自動車部品、レース車メーカー。
主にフィアット車の改造を行なっていたが、のちにフィアット社に買収され、モータースポーツ部門に関与。
現在はフィアット車のスポーツモデルに名を残している。

サソリはカルロ・アバルトの誕生月の星座である。

1983年式アウトビアンキA112アバルト-2

昔々、アウトビアンキA112を一時期本気で購入を考えていた。
可愛いが、カッコいい外観が気に入ったからだ。

今見てもこのクルマの魅力は色あせていない。

次回へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



category: 2019昭和レトロカー万博

thread: こんな車見ちゃいました!

janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/750-ca57e723
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop