FC2ブログ
つくぶすま68の備忘ログ ホーム » ツーリングに関する本、モノゴト »バイクで行く廃駅・廃線

バイクで行く廃駅・廃線  

前回の続き。
8月末、新古書店へ本を売りに行った話である。

売ったのは

①岳人2018年2月号 ネイチュアエンタープライズ

岳人2018年2月号

②旅と鉄道 2019年7月号 山と渓谷社  
③100ムックシリーズ 完全ガイドシリーズ53 副業完全ガイド 晋遊舎 2014年
④元手1万円が300万円に増える!「ネット副業」で年収を2倍にする方法 青春出版社 2014年

⑤泊太郎 海上自衛官が南極観測船「しらせ」で学んだきつい仕事に潰されない人のルール 秀和システム 2017年
⑥ウィリアム・ラフリン 極北の海洋民 アリュート民族 六興出版 1986年
⑦セキユリヲ サルビア北欧日記 ピエ・ブックス 2005年
⑧八隅蘆菴 旅行用心集 八坂書房 1993年

旅行用心集

⑨マクシム・コロミーエツ 冬戦争の戦車戦 大日本絵画 2011年
⑩角幡唯介 探検家、40歳の事情 文藝春秋 2016年
⑪角幡唯介 極夜行前 文藝春秋 2019年
⑫川口拓 ブッシュクラフト 大人の野遊びマニュアル 誠文堂新光社 2017年3刷

⑬塩野七生 ローマ人の物語18 悪名高き皇帝たち2 新潮文庫 2005年
⑭塩野七生 ローマ人の物語19 悪名高き皇帝たち3 新潮文庫 2005年
⑮小松左京 やぶれかぶれ青春記・大阪万博奮闘記 新潮文庫 2018年

⑯畦地梅太郎 伊予の山河 平凡社ライブラリー 2003年

以上16冊。

②「旅と鉄道」は名前通り旅と鉄道がテーマの雑誌である。

最近までこの雑誌の存在を知らなかったのだが、
2019年7月号の特集が「廃線の歩き方」と何かで知った(何だったっけ?)ので初めて買った。
廃線に興味があり、オートバイツーリングの際には気が向いたら廃線、廃駅等に立ち寄っていたからだ。

旅と鉄道 2019年7月号

目次を見ると連載記事で「バイクで行く廃駅・廃線めぐり」とあるではないか。
これは面白そうだ。早速読んでみた。

この号では福島県会津地方の日中線跡を巡っていた。
喜多方~熱塩を結んでいた日中線は11.6キロ。1938年(昭和13)開業、1984年(昭和59)廃線となった。
オートバイはホンダCB250R。毎号オートバイを変えるらしい。

この連載記事に付随して特集にリンクした「バイクで廃線講座」。

それによると
・バイクは250cc以下がおすすめ。狭い場所に入り込むことが多いため、取り回しが軽いバイクを選択した方が良い。
・廃線跡は自然に還っているので山歩きの装備に準じたものが良い。
・ジャケットは防水、ライディングブーツは動きにくいので除外したほうが良い。

等。

次号予告で次号9月号の特集が「夏の秘境駅2019」と書かれていた。
秘境駅にも興味があるので、発売と同時にこの号も購入。

旅と鉄道 2019年9月号

連載「バイクで行く廃駅・廃線めぐり」は東武鉄道伊香保軌道線。オートバイはホンダPCX150だった。
9月号はまだ手元に残っている。

次回へ続く。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



category: ツーリングに関する本、モノゴト

thread: ツーリング

janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/713-5081ff0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop