つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 未分類 »ほうれん草と太宰治

ほうれん草と太宰治  

今回、「関西蚤の市」で買った本について書くつもりであったが、
これは次回へ後回しにする。

会社員は「ほうれんそう」が大事だとよく言われる。
「ほうれんそう」は「報・連・相」、つまり報告、連絡、相談である。
自分も一応会社員なので知っているし、その大切さもわかっているつもりである。

しかし忙しいとつい忘れたり、怠ったりしてしまう時がある。
本日も忘れてしまい、上司に注意されてしまった。気をつけたい。

昨日11月3日、自分にとって「どえらい」事が起こってしまった。
そこで読者の方々に忘れずに報告しようと思う。
そして感謝をしなければならない。

自分のブログは現在「にほんぶろぐ村」に参加している。

ここでは「記事トーナメント」が行われている。
これはテーマに沿ったブログ記事のトーナメント大会で、気に入ったテーマのものに参加することができる。
勝負は読者の投票数で決まる。

自分は先日「神社仏閣史跡巡り」トーナメントに参加した。

神社仏閣史跡巡りブログトーナメント - 歴史ブログ村
神社仏閣史跡巡りブログトーナメント

神社仏閣や史跡巡りに関する記事が対象だったので
伊勢志摩ツーリング中に伊勢神宮へ参詣した「鳥居をトカトントンと建て替える」という記事(10月10日掲載)を参加させることにした。

トーナメントは10月27日から11月2日まで行われ39名、つまり39本の記事が参戦した。(1人1記事)

まず参加者総当たり戦が2日間行われ、39名中32名が2回戦へ進む。
そしてここからトーナメント方式で2回戦、3回戦、準々決勝、準決勝、決勝とそれぞれ1日かけて行われる。

なんと自分はこのトーナメントで優勝してしまったのだ。
11月2日の決勝戦の投票で紀三井寺の記事を破り栄冠を手にした。

0141103_convert_20141104124629.png

自分の記事に投票してくださった方々、記事を読んでくださった方々にこの場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございました。

なお優勝した記事題名にある「トカトントン」は鳥居を建て替えている音であるが、
普通は「トントントン」とか「トカントカン」と書くだろう。
気づいていらっしゃる方も多いと思うが太宰治の小説「トカトントン」からの借用である。

太宰治の小説で自分はこれが一番好きかもしれない。

IMGP0534.jpg

さて「関西蚤の市」に戻ろう。

次回へ続く。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

category: 未分類

thread: 神社・仏閣巡り

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/70-4e86240a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop