FC2ブログ
つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 2016北海道ツーリング »辺境のモニュメントとプロパガンダ

辺境のモニュメントとプロパガンダ  

約20日間中断していた2016年8月の北海道ツーリングの話を再開させようと思う。

納沙布へ2016-1

ツーリング3日目、1300時頃、本土最東端の納沙布岬に到着した。

ここはとても政治色の濃い所である。

「四島のかけ橋」と呼ばれる巨大モニュメント。

四島のかけ橋2016

高さ12.6m、長さ35m。1981年(昭和56)9月に建立された。

北方領土を4つのブロックで表現し、連なり支えあって大きなかけ橋となり、領土返還を祈るゲートとして表現したらしい。

北方館。

北方館2016

1980年(昭和55)8月開館。
北方領土問題の発生状況や歴史的経緯を資料の展示で説明している。
小さな博物館のようでもある。

望郷の家。

望郷の家2016

1972年(昭和47)4月開設。
北方館とは2階部分でつながっている。

望郷の家2016-2

北方領土を追われた元島民の心の拠り所として開設され、戦前の島民の生活関連資料などが展示されている。

しかしここでの目的は他にあった。

次回へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



category: 2016北海道ツーリング

thread: 国内旅行

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/699-d0b1d56a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop