FC2ブログ
つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 京都の古本まつり »「幻のアフリカ」に再挑戦

「幻のアフリカ」に再挑戦  

前回の続き。
8月中旬に京都・下鴨神社を訪れた話である。

摂末社の河合神社にある鴨長明の方丈を再現した小屋を眺めた後、
0950時過ぎに「第32回 下鴨納涼古本まつり」(2019年8月11日~16日)の会場へ戻った。

覆いが取られた本棚やワゴンを早速見て、既に本をキープしている客がちらほらいる。

第32回 下鴨納涼古本まつり2019-1

先ほど河合神社へ行く際にも開場まであと20分あるにも関わらず多くのテントがすでに覆いを取っていた。
本日は早めに始めるのかな。
明日から雨の予報。台風10号も近づいている。

第32回 下鴨納涼古本まつり2019-2

今日が最後の稼ぎ時と考えたのか。

私も早速南からテントを巡っていく。
31店のテントが馬場の両側にズラリと並んでいる風景は壮観である。

その中でぜひ見たい店があった。
O書店である。

三本和彦「世界最長ラリーに挑戦して」(二玄社、1972年)

が売れ残っているかどうか、そして価格はまだそのままかどうか(16000円)チェックしたいからだ。

世界最長ラリーに挑戦して表

以前から欲しいと思っていた本だったが、価格の高さのため長らく手が出ないでいた。
しかし「2016全大阪古書ブックフェア」(2016年12月16日~18日)で、別書店にて8500円の値が付いていたので購入。

それ以降、京阪神で開催される古本まつりの度にO書店のブースへ訪れて売れ残っているかどうかチェックするのが慣わしとなってしまった。

そして今回はどうだったか。

価格据え置きの16000円でまだ売れ残っていた。
なぜかホッとする。

会場に2時間いて購入したのは

ミシェル・レリス 幻のアフリカ 河出書房新社 1995年 1500円 海月文庫

1冊のみ。

新刊定価7800円で570ページもある大著である。

幻のアフリカ 河出書房新社

ダカール・ジブチ・アフリカ横断調査団(1931~1933)に書記兼文書係としてレリスが綴ったその公的記録である。

現在、平凡社ライブラリーで新刊が出ている。
以前、私はそれを購入して読んだのだが、途中で投げ出してしまった。

今回はそれのリヴェンジとして買った。
いつ読めるかわからないが・・・

第32回 下鴨納涼古本まつり2019-3

1200時過ぎ、下鴨神社を後にする。
途中、牛丼屋に寄り「たっぷりネギたま牛丼並盛」(430円)を食べ、帰宅の途についた。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



category: 京都の古本まつり

thread: ちょっとおでかけ

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/698-a3098d2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop