FC2ブログ
つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 本を読む »悪帝ネロ

悪帝ネロ  

前回の続き。
2016年8月の北海道ツーリングの話である。

ツーリング3日目・・・

納沙布へ2016-1

と書きたいところだが、一旦この話は中断する。
まだまだ話は続くので他の話題がなかなか書けないからだ。

再開は約半月後、否、1か月後くらいかなあ?

さて今回は8月初旬のある休日、神戸・三宮へ行った話である。

電車で行ったのだが、三宮到着直前まで本を読んでいた。

読んでいたのは

塩野七生 ローマ人の物語20 悪名高き皇帝たち4 新潮文庫 2005年

第5代皇帝ネロの時代の話である。

ローマ人の物語20 悪名高き皇帝たち4

ネロは元々単なる派手好きの、ギリシア文化に傾倒した詩作好きな若者である。
しかし母と先妻の暗殺を命じ、政治を行なうにはあまりにも不適格だったため、悪帝として知られるようになってしまった。
就いた職業が「皇帝」でなければ、ネロは自殺することもなく、平穏な一生を送れたのかもしれない。

0950時頃、アルメニア王ティリダテスの戴冠式がローマで行われたところでJR三ノ宮駅に到着。

地下街の「さんちか」へ下りていく。
1000時開店までショーウィンドウを眺めて過ごし、開店と同時に中へ。

さんちか201908-1

1分もせずに目的地に到着。
さんちかホールである。

次回へ続く。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



category: 本を読む

thread: 読書メモ

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/693-edefa28f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop