FC2ブログ
つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 2016北海道ツーリング »北太平洋難読地名ライン

北太平洋難読地名ライン  

前回の続き。
話は2016年8月の北海道ツーリングに戻る。

ツーリング3日目、道道42号線(北太平洋シーサイドライン)を東へ走っている。

難読地名が次々と現れる。

来止臥、初無敵、入境学、賤夫向、分遣瀬、老者舞、知方学、去来牛。

読めるわけがない。

参考にしたのは

北道邦彦 アイヌ語地名で旅する北海道 朝日新書 2008年

北海道ツーリングパーフェクトガイド2016 学研プラス 2016年

北海道ツーリングパーフェクトガイド2016

の2冊。そしてネットである。

これらによれば

来止臥(きとうし)、
初無敵(そんてき)、
入境学(にこまない)、
賤夫向(せきねっぷ、ツーリングマップルでは「屋夫向」と掲載)、
分遣瀬(わかちゃらせ)、
老者舞(おしゃまっぷ)、
知方学(ちっぽまない)、
去来牛(さるきうし)。

と読む。

このうち、4か所の地名解釈は「アイヌ語地名で旅する北海道」によると

・来止臥(きとうし) キト(ギョウジャニンニク)、ウシ(群生する)、イ(所)

・分遣瀬(わかちゃらせ) ワッカ(水)、チャラ(ちゃらちゃらと)、セ(音を立てる)

・老者舞(おしゃまっぷ) オ(川尻に)、イチャン(鮭鱒産卵場)、オマ(ある)、プ(もの=川)

・知方学(ちっぽまない) チェプ(魚)、オマ(のいる)、ナイ(沢)

あるブラインドカーブを曲がるとその先の直線道路の真ん中に鹿の親子が突っ立っていた。

道端に停まり、カメラを出そうとしたら、道の脇の森へと逃げていった。

国道44号線に戻り、東へ。

0920時頃、道の駅「厚岸グルメパーク」に到着した。

厚岸市街201608

厚岸の街並みを眺めるが、相変わらず霧が立ち込めている。

トイレのみ済ませ、道道123号線(北太平洋シーサイドライン)へ。厚岸大橋を渡り再び海沿いを走る。

次回へ続く。

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



category: 2016北海道ツーリング

thread: 北海道

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/687-e9879a9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop