つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 本を読む »砂漠でフルマラソンを走る

砂漠でフルマラソンを走る  

10月連休の公休日2日間は天候に祟られたが、その次の公休日は快晴であった。
予定通り競馬場へ出かける。

電車で行ったのだが車内で読んだのは

高野秀行 世にも奇妙なマラソン大会 集英社文庫 2014年

である。

世にも奇妙なマラソン大会

「辺境作家」である著者がアルジェリアで行われる「サハラマラソン」に参加する話が本の前半を占めている。
ベタな名前だが、本当に名前の通りサハラ砂漠を走るマラソン大会である。

このコース上には西サハラから逃れてきた難民のキャンプがあり、その難民たちを支援するためのものでもあるらしい。

旧スペイン領西サハラ、つまり「サハラ・アラブ民主共和国」は全アフリカ国家から独立が承認されている。
しかし現在モロッコが実効支配しており、逃れてきた人々がそのキャンプに住んでいる。

内容は相変わらずの高野節。
さすが万人から「間違う力」があると言われるだけにハチャメチャなノンフィクションである。
もう一度書くがノンフィクションである、フィクションではない。

この人の行動は見ているだけだと面白いが、いざ一緒に仕事や生活をするとなると・・・考えてしまうだろう。
この人の奥さんは大変そうだが、その一端が同書に収録されている「名前変更物語」に表れている。

高野秀行の家族や同僚でなく単なる一読者で良かったと思う。

サハラマラソンの話を読み終えた頃合いに阪急今津線仁川駅で下車。
駅からすぐの阪神競馬場に到着した。
実は競馬を見に来たのではない。

阪神競馬場201410

続きは次回。
今晩から夜勤が始まるので仮眠する。

おやすみ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

category: 本を読む

thread: マラソン

janre: スポーツ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/68-72df7475
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop