FC2ブログ
つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 京都の古本まつり »インパクトドライバーの音

インパクトドライバーの音  


前回の続き。
2月上旬、京都古書会館へ行った話である。

ここへ来るのは「京都まちなか古本市」(2017年9月30日~10月1日)以来だ。

この日は「第5回古書会館de古本まつり」(2019年2月8日~10日)。
前回は手ぶらで帰っている。今回はどうだろうか。

京都古書会館201902-2

無駄に長い間歩いて体がかなり冷えてしまった。
3階の会場へ向かった。

客の入りはそこそこ。
会館内か隣りの建物で工事をしているのだろうか、インパクトドライバーの音がたまにしている。
早速棚を見ていく。

しかし、工事の音がとても近くに聞こえる。壁のすぐ向こうで行なっているのか。
いや違った。会場内からだった。

隣りの列の棚に移るとその発生源が「いた」。

鼻を赤くした男性が鼻をすする音だったのだ。
鼻をすするのは寒さの為か、それとも風邪?
彼はマスクをしておらず、もし風邪であればうつされる可能性がある。彼近くの棚は後で見ることにする。
それにしてもすごい音だったなあ。

たまに人とのすれ違いに気を使ったが、スムーズに棚を見ていくことができた。

会場に30分以上いたが、結局収穫が無く退館、烏丸通へ向かった。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト



category: 京都の古本まつり

thread: お出かけ日記

janre: 日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/642-deddc9fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop