FC2ブログ
つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 本を読む »ローマ人と共に長い旅へ

ローマ人と共に長い旅へ  

電車の中ではいつものように本を読んでいた。
読んでいたのは

塩野七生 ローマ人の物語1 ローマは一日にして成らず(上) 新潮文庫 2002年

文庫本で全43巻もある「ローマ人の物語」の第1巻目である。

ローマ人の物語1 ローマは一日にして成らず(上)

全巻揃えて久しいが、なかなか読む気が起きなかった。

残業続きで時間的余裕が無かったこともあるが、最大の原因は不安だろう。

物語が長いし、聞き慣れない人名や言葉もかなり出てくるので、読書が遅々として進まないのではないか。
また、他の本を読むために「ローマ人の物語」を一旦中断してしまったら二度と再開できないのではないか。
中断時に内容も忘れてしまい、もし再開しても訳がわからなくなっているのではないか。

では何故、今になって読み始めたのかというと年末年始の休暇が始まったからである。

約10日間、予定も何も入っていないこの空白の期間をどのように過ごすか、と考えていたら本棚の上の段ボール箱が目に付いた。
「ローマ人の物語」全43冊が入っているダンボール箱である。
存在さえ忘れていたのだが、この時、今回の休暇はこの本とともに過ごしてみようかと思い、読み始めた次第である。
はたして読み終えることができるだろうか。

電車内では座れなかったが読書に集中でき、あっという間に0930時頃、JR大阪駅に到着した。
年末年始休暇初日の話である。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



category: 本を読む

thread: 本読みの記録

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/624-142c63e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop