FC2ブログ
つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 2018岐阜かかみがはら航空宇宙博物館 »ギガント

ギガント  

前回の続き。
6月下旬、岐阜かかみがはら航空宇宙博物館へ行ってきた話である。

1040時過ぎ、入館。

最初の部屋に入ると、まず乙式一型偵察機(サムルソン2A2)。
各務原での航空産業の始まりとなった飛行機らしい。

乙式一型偵察機(サムルソン2A2)201806

サムルソン2A2は第一次世界大戦末期のフランスの主力偵察機で、
1918年(大正7)に川崎造船所(後の川崎重工業)がフランス・サムルソン社から製造権を得て国産化に取り組んだ。

製造1号機は1922年(大正11)11月9日、各務原飛行場で初飛行に成功。
1927年(昭和2)までに各務原で約300機製造され、陸軍の偵察機として使われた。
展示されている機体は1995年(平成7)に復元制作されたものである。

次の部屋は戦前・戦中の航空機開発がテーマ。

まず入り口には航空機産業の年表。
軍用機ばかりである。

航空機産業の年表201806

飛行機模型と共に展示されている。

その中でも眼を引いたのは1931年(昭和6)初飛行の九二式重爆撃機(キ20)。
ドイツ・ユンカース社のK51を三菱重工業がライセンス生産した。
戦前の日本航空史上最大の国産飛行機である。完成までに長期間かかるため、6機で製造が打ち切られたらしい。

九二式重爆撃機(キ20)201806

宮崎駿のアニメ「未来少年コナン」に出てくる「ギガント」そっくりである。
主翼の表面積が広すぎるが、これがまた格好良い。

奥の部屋に入り、上を見上げるとそこには・・・

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



category: 2018岐阜かかみがはら航空宇宙博物館

thread: ちょっとおでかけ

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/573-b836adaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop