FC2ブログ
つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 機動戦士ガンダム »赤い彗星の誕生

赤い彗星の誕生  

5月中旬の日曜日、朝0800時過ぎの寺町通り。
京都市中心部を南北方向に走るこの通りのアーケード街は閑散としていた。

寺町通り201805

京都市営地下鉄東西線・京都市役所前駅で降りた自分はこの通りを南へ歩いている。

三条通りと交差したところで東へ折れ、すぐまた南へ。
南へ向かう通りは修学旅行生で賑わう新京極通りである。

この時間には「上京」してきた修学旅行生はまだ見かけない。
新京極通りを歩き始めてすぐに目的地に着いた。

MOVIX京都201805

映画館である。
この日は映画を見に来たのだ。

「機動戦士ガンダム THE ORIGINⅥ 誕生 赤い彗星」を。

以下の説明は「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」公式サイトから引用(無断引用、コピペしました)。

「宇宙世紀0079年1月23日、サイド5、ルウムでジオン、地球連邦の雌雄を決する戦いが始まった。
圧倒的劣勢に追い込まれたジオンは、秘策である人型兵器「モビルスーツ」で編成した特別強襲大隊を投入し戦況を一気に逆転させ、大勝利を収める。
なかでも、ジオン軍のシャア・アズナブルは、赤いモビルスーツ「ザクⅡ」で戦果を上げ少佐に昇進、"赤い彗星"の異名をとる。
ルウム会戦後、地球連邦軍はジオンに反撃すべく"V作戦"を計画。その裏側で、サイド7の少年アムロ・レイは自ら行動し、新兵器「ガンダム」の秘密を探っていた。
一方、地球の南極大陸でのジオン、地球連邦の両軍の高官がそろう早期和平交渉の場でルナツーから世界中にある声明が発信される…。 」

しばらく映画館前で開場を待つ。

0830時開場。
チケット販売機でこの日の初回、0900時上映を購入。
上映開始まで時間があるので、映画館近くのファストフード店でブラックコーヒーを飲みながらタバコを一服。

上映5分前に映画館へ戻った。

上映劇場に入場する際、入場者特典のミニ色紙が入った金色の袋をもらった。

ガンダムジオリジン色紙201805-1

入っていた色紙に描かれていたのは「白い木馬」。地球連邦軍所属のペガサス級強襲揚陸艦2番艦、ホワイトベースである。
俗に言う「ファースト・ガンダム」全編を通して地球連邦軍の支えとなった宇宙空母と言っても差し支えはないだろう。

ガンダムジオリジン色紙201805-2

登場人物よりもこういうメカニカルなものが描かれた色紙の方が自分は好みである。

席につき、しばらくすると館内は暗くなり、広告映像の後に本編上映。
映画の世界にどっぷりと浸かった。

今作品で「1年戦争」以前の物語、「シャア、セイラ編」は終了。

終幕後は寄り道もせずに帰宅した。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



category: 機動戦士ガンダム

thread: ちょっとおでかけ

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/570-41d7ddde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop