つくぶすま68の備忘ログ ホーム » スポーツ »崖っぷちのギャングたち

崖っぷちのギャングたち  

アメリカンフットボールの関西学生リーグdivision.1第3節が9月27、28日に行われた。

昨季の上位4校のうち関西学院大、立命館大、関西大の3校は順当に勝って開幕から3連勝である。
しかし京都大学ギャングスターズ(昨季同率3位)の1校のみが今季苦戦を強いられている、というより危機に瀕している。

9月27日、近畿大学デビルズ(昨季6位)に19対27で敗れ開幕3連敗を喫した。

3戦とも相手が昨季の下位校である。
次の同志社大学(今季division.2より昇格)戦の後はシーズン最終戦まで昨季の上位3校との対戦である。
今回の敗戦により同校史上初の入れ替え戦が現実味を帯びてきた。

関西学生アメフト20140927-28

1年ごとに選手が入れ替わる学生スポーツでは昨季とは別のチームになってしまう。
選手の層が厚い強豪私立大も例外ではないのだから公立大なら尚更であろう。

しかしそれが学生スポーツの「おもろい」ところである。同じチームが毎度毎度勝っても見ている方は「おもろない」。

例えば今回の記事に書いている関西学生リーグでは1948年~1981年の34季連続で関西学院大が優勝している。
同じチームが34回連続優勝・・・。
見ている方は非常につまらない、スポーツ観戦の高揚感をまるで感じないだろう。
このことはアメフト人気の低下や硬直化につながったのではないか。

その関西学院大の連続優勝記録を阻止したのがこの京都大である。
これがなかったらますます硬直化していっただろう。

その後の立命館大の台頭や、2009年関西大の61年ぶりリーグ制覇と甲子園ボウル2度目の制覇等で
アメフトは自分の中で非常に「おもろい」ものになってきた。

その大元のきっかけとなった京都大には是非がんばってほしいと思うと同時に
同じチームがdivision.1にいつもいるというのも「おもろない」ので今季は入れ替え戦を戦ってほしいとも心のどこかでは思っている。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

category: スポーツ

thread: 雑記

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/55-4a175d82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop