FC2ブログ
つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 本を読む »上海~東京~シアトル間の海底トンネル

上海~東京~シアトル間の海底トンネル  

電車の中ではいつもの通り、本を読んでいた。
読んでいたのは

ケン・リュウ 紙の動物園 ハヤカワ文庫 2017年3刷

である。

ケン・リュウという名前から日本人、日系人かと思うかもしれないが、
実は中国系アメリカ人である。
1976年、中国甘粛省で生まれ、11歳の時、家族とともにアメリカへ移住した。
「Liu」という名字は「リウ」と日本語表記すべきだと思うが・・・

紙の動物園ハヤカワ文庫

SFの短編集であるこの本は「紙の動物園(ヒューゴー賞、ネビュラ賞、世界幻想文学大賞受賞)」など7篇が収められている。
ケン・リュウの作品を読んだのはこの本が初めてである。
そこはかとなく切なさが漂っていて、ハマってしまった。

車内では読書に集中でき、
「太平洋横断海底トンネル小史」を読もうかという時、大阪モノレールの万博記念公園駅に到着した。

4月上旬のある休日の話である。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



category: 本を読む

thread: 読んだ本の感想等

janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/535-2111db6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop