FC2ブログ
つくぶすま68の備忘ログ ホーム » ふらっと出かける »仕事中の顔

仕事中の顔  

前回の続き。
3月11日に万博記念公園へ行った話である。

太陽の塔201803-4

国立民族学博物館退館後、太陽の塔の後ろ姿を見ながら大阪モノレールの万博記念公園駅へ向かう。

万博記念公園ジャグリング201803

途中、ジャグリングの大道芸を見て、

森のトレイン201803

自然文化園エリアを走る「森のトレイン」をやり過ごし、

1200時前、太陽の塔の下へ戻ってきた。

太陽の塔201803-5

背面の黒い太陽は過去を表わしているらしい。顔の部分は信楽焼の陶板製、緑色のコロナ部分はガラスモザイク製である。

塔を回って正面へ。

太陽の塔201803-7

塔の高さ約70メートル。基底部直径約20メートル。腕の長さ約25メートル。

未来を表わす最上部の黄金の顔。

太陽の塔201803-6

現在を表わす胴体部分の顔も太陽らしい。

軽量化のためガラス繊維強化プラスチックで造られたこの太陽の顔は非常にゆがんだ表情をしている。
まるで何か嫌なことを強要されているみたいだ。

自分の仕事中の顔もこんな顔をしているのだろう、と思いながらしばらく見上げていた。

その後、大阪モノレールに乗り、北大阪急行、地下鉄御堂筋線を経由。途中昼食のため下車したが、寄り道することなく帰宅した。

ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



category: ふらっと出かける

thread: ちょっと、お出かけ

janre: 地域情報

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/526-2ef045d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop