FC2ブログ
つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 2016山陰ツーリング »司馬遼太郎は鰯嫌い

司馬遼太郎は鰯嫌い  

前回の続き。
2016年7月下旬、山陰へのオートバイツーリングの話である。

鳥取市内の宿に帰り、ツーリング2日目を終えた。

部屋に荷物を置いてすぐに徒歩で出かける。
夕食、ビール、つまみ、そして朝食の買い出しである。
この日もどこで何を買ったのか覚えていない・・・

今回のツーリングは「覚えていない」ばっかり。これは果たしてブログの記事として妥当なのだろうか。

部屋に戻り、夕食をとり、風呂に入り、ビールを飲みながら自宅から持ってきた本を読む。

司馬遼太郎 街道をゆく27 因幡・伯耆のみち、檮原街道 朝日文庫 2000年10刷

である。

「街道をゆく」は週刊朝日で1971年から1996年まで連載されていた司馬遼太郎の紀行エッセイである。
書籍化されて全43巻ある。

街道をゆく27因幡・伯耆のみち 檮原街道

因幡(鳥取東部)、伯耆(鳥取西部)が舞台の27巻は未読で、今回のツーリングで読むのが相応しいと思ったので持ってきた。

「西アジアでは、向日葵は食用である。」という文章から始まる鳥取紀行は
司馬の近所の開業医(八頭郡智頭町出身)の話から、万葉集、大正時代末の民芸運動、砂鉄によるたたら製鉄など話題が幅広い。
偏食がひどい司馬遼太郎は魚ももちろん嫌い、特に鰯がダメというのもこの巻で知った。

このブログ記事を書くために久しぶりに27巻を手に取ってみると、58ページに栞がはさんであった。
ここまで読んで寝たのだろう。

次回へ続く。
ヘイヘイ。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: 2016山陰ツーリング

thread: 紀行文・地域

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/516-2ab73026
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop