FC2ブログ
つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 2016山陰ツーリング »なぜ飛騨なのか、なぜ2冊なのか

なぜ飛騨なのか、なぜ2冊なのか  

前回の続き。
2016年7月下旬、山陰へのオートバイツーリング1日目。

鳥取砂丘を後にして、1年前にも泊まった鳥取市内の宿に1700時頃(だったかな?)到着。
チェックイン時に特典のミネラルウォーター「飛騨の雫」(500ミリリットル)をもらう。

なんで鳥取に来て飛騨(岐阜)のミネラルウォーターやねん、と心の中でツッコミを入れる。
鳥取やったら大手飲料メーカーSの「奥大山の天然水」やろ。

部屋に荷物を置いてすぐに徒歩で出かける。夕食を買うためである。
どこで何を買ったのか覚えていない。

部屋に戻り、夕食を取り、風呂に入った後、ビールを飲む。
ツーリングの友である昭文社発行の「ツーリングマップル」を見ながら翌日のルートを考えた。
蒜山(ひるぜん)高原と大山を走るつもりだ。

持ってきたツーリングマップルは2冊。

ツーリングマップルR関西2014

ツーリングマップルR関西2014

ツーリングマップルR中国四国2016

ツーリングマップルR中国四国2016

である。

何故地図が2冊なのか。

メインの目的地である蒜山や大山は西の端ではあるが「関西」にも載っている。
しかし余裕があれば寄りたいと思っている江島大橋がある境港がかろうじて載っていない。
だから嵩張るけれども「中国四国」も持ってきた。

「中国四国」は2011年版を持っていたが、ツーリング前に最新版へ買い換えた。
地元の「関西」はこの時持って行った2014年版をいまだに使っている。
毎年3月末頃に最新版が出るので今年は「関西」を買い換えようかな。

翌日のルートを大まかに決め、その後は・・・何をしていたか覚えていない。
多分ビールを飲みながらテレビを見ていたか、本を読んでいたか。
そして就寝。

本に関しては後日記そう。

次回へ続く。
ヘイヘイ。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



category: 2016山陰ツーリング

thread: 気ままな一人旅

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/514-470532c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop