FC2ブログ
つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 2016山陰ツーリング »続・T.K.G.

続・T.K.G.  

前回の続き。
卵かけご飯専門店「但熊」へ行った話である。

お昼時ということもあり、満席。その為ただでさえ狭い店内が余計に狭く感じる。
自分が座っているカウンター席は隣の人と肩が擦れ合うほどである。
左隣にはオートバイツーリング中の男性2人組、右隣はスーツ姿のサラリーマンが座っていた。

自分の次に席へ案内された右隣のサラリーマンは4、5個の生卵を一気にご飯にかけ、口の中へ文字通りかきこんでいる。
そりゃあ、かきこむしかないだろう、これだけ生卵をかけると箸でつまめないから。
彼はさらに2、3個の生卵をかけ、食べている・・・いや飲んでいる。ほとんど生卵だからである。
何かに取り憑かれたように生卵を食べ、あっという間に食べ終えるとサアーっと車に乗り込み走り去っていった。

営業先に向かう時間が迫っていたのだろうか。
そしてその営業先の相手は会うだけでかなり疲労してしまう人物なのかもしれない。
だからあれだけ生卵を食べて栄養をつける必要があったのだろう、と勝手に解釈している。

自分はゆっくりと食べ終え店外へ出る。
この「卵かけごはん定食」は360円だった。360円でこの満足。幸せな気分である。

(卵かけごはん定食の写真を撮っていないので、店の写真を掲載・・・)
但熊201607-3


店外ではたまごかけごはんの歌が延々とかかっていた。メロディ-も詞も耳に残る曲である。
実際2、3日の間残っていた。鼻歌を歌っていたこともあった。
(サビの部分の詞を書きたいが、やはり著作権があるだろうから書けない)

後で調べてみると、作詞はT.K.G.プロジェクト(多分T=卵、K=かけ、G=ごはんだろう)。
そして作曲はなんと円広志であった。良い仕事してるねえ。

この卵かけご飯専門店「但熊」は兵庫県豊岡市但東町にある。
ここへは山陰へのオートバイツーリング1日目の昼食を取るために立ち寄った。
2016年7月下旬の話である。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



category: 2016山陰ツーリング

thread: お店紹介

janre: グルメ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/511-232050c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop