FC2ブログ
つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 2017志摩ツーリング »続・灯台守になりたいなあ

続・灯台守になりたいなあ  

前回の続き。
昨年8月の連休中、オートバイで志摩へ出かけた話である。

ツーリング1日目。
1430時前、大王埼灯台に到着。

大王埼灯台201708-5

灯台に上った後、灯台横に建つ2階建ての「大王埼灯台ミュージアム」へ。
建物の中は冷房がよく効いていた。

大王埼ランプ201708

大王埼灯台の概要が分かりやすく説明され、また灯台に関する実験装置やレンズの実物などが展示されていた。

大王埼レンズ201708

一番見入ったのは灯台守に関する壁面掲示の説明パネルである。

灯台守はもちろん灯台の運用、管理を担当する職業である。

灯台の点灯・消灯、ランプの点検・清掃、灯台全体の保守点検はもとより、
大王埼灯台のようにレンズを回転させる灯台は2時間おきに重い分銅を巻き上げて、それの落ちる力で動かしていた。
気象観測も行ない、これを気象台へ電報で知らせる業務まで行なっていた。

大王埼灯台守パネル201708

灯台守は地域住民とのつきあいを重視し、地元の漁業関係者から海の状況についての問い合わせに答えたり、
帰港が遅い漁船を見つけて家族に連絡することもあったらしい。
灯台守は3~4年で転勤することが多く、家財を梱包する木枠を保管して備えていた。
灯台守という仕事は独身者にとっては良いかもしれないが家族がいたら大変だったろう。

今では航路標識の電化、自動化が進み、ほとんどの施設が無人化されている。
しかし24時間常に管理することには変わりなく、定期的に巡回点検を行なっている。

ミュージアムの中で充分涼んだ後、1500時過ぎに再びオートバイにまたがり走り出した。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: 2017志摩ツーリング

thread: 国内旅行記

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/500-ce35c24c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop