つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 2017トヨタ博物館 »あの悔しさはすべて、伏線だ。

あの悔しさはすべて、伏線だ。  

前回の続き。
6月にトヨタ博物館へ行った話である。

3階は「モータリゼーションの進展と多様化」(1950年代から現代まで)をテーマとしている。
見終わった後、エスカレーターで1階へ。

シェルビートヨタ2000GT201706-5

エントランスに展示されているシェルビー仕様のトヨタ2000GTの周囲は撮影する人たちで賑わっている。

エントランスに戻ってきたが、まだ退館はしない。

本館だけではなく、新館があるからである。

新館へ向かう途中、

トヨタ博物館ミニカー2017

バットマン、ウルトラマン、マッハGOGOGOに出てくるクルマのミニカーが展示されていた。

ミニカー展示の通路を挟んだ前の壁にはポスターが数枚貼られていた。

ドクターイエローの軌跡2017ポスター

その中の一つが目を惹いた。

「あの悔しさはすべて、伏線だ。」と大きく書かれている。
ル・マン24時間レースへのトヨタ参戦を告知するポスターである。

あの悔しさはすべて、伏線だ。2017ポスター

ル・マン24時間レースはフランスのル・マン近郊で毎年6月に行なわれる自動車の24時間耐久レースである。

トヨタは2012年にハイブリッドカーで13年ぶりに参戦、以降は毎年出場している。
昨年はレース残り3分でマシントラブルに見舞われ、それまでトップを走っていたがポルシェに抜かれ悲願の総合優勝を逃した。
ポスターの意味は昨年のことを踏まえてのことである。

さて、今年のル・マン24時間レースは6月17日、18日に行なわれ、トヨタは3台体制で挑んだ。
総合優勝はポルシェの2号車、トヨタは8号車の総合9位、7号車、9号車はリタイヤという散々な結果に終わった。

渡り廊下を歩き、新館へ。
2階の企画展示ゾーンへ入ると、そこには・・・

新館企画展示ゾーン201706-1

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

category: 2017トヨタ博物館

thread: モータースポーツ

janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/456-17e03e24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop