つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 2017トヨタ博物館 »トヨタとベンツの1号車

トヨタとベンツの1号車  

前回の続き。
6月のある休日、トヨタ博物館に行った話である。

エントランスに展示されていたシェルビートヨタ2000GTの向こうに次の展示車両が見えた。

シェルビートヨタ2000GT201706-3

トヨダAA型乗用車(1936年・レプリカ)である。
「トヨタ」ではなく「トヨダ」である。

トヨダAA型乗用車201706-1

トヨタ自動車の創業者、豊田(とよだ)喜一郎が中心となって開発したトヨタ初の生産型乗用車である。

トヨダAA型乗用車201706-2

エンジンは水冷直列6気筒OHV,排気量3389cc、65馬力で、当時一般的だった位置より前方に置いている。
それによって後席を後輪車軸上から揺れの少ない前後車軸間におさめ、振動の少ない快適な乗り心地を実現した。

トヨタ博物館2階へ201706

このクルマの前方に2階へ上がるエスカレーターがあり、上がるとすぐにこの3輪車が。

ベンツ・パテントモトールヴァーゲン201706

1886年(明治19)製のベンツ・パテントモトールヴァーゲン(レプリカ)である。
ガソリン自動車の第一号と言われており、水冷単気筒984ccのエンジンで時速15㎞で走行した。

パテントモトールヴァーゲンの横を通過して2階の展示室に入る。
2階は「自動車の黎明期から日本車の誕生」(1950年代まで)をテーマとしている。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: 2017トヨタ博物館

thread: 自動車の歴史

janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/435-c6037635
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop