つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 京都の博物館、美術館 »あっ!隠遁生活

あっ!隠遁生活  

前回の続き。
5月の連休中、京都・鹿ヶ谷にある泉屋博古館(せんおくはくこかん)へ
「楽しい隠遁 山水に遊ぶ ~雪舟、竹田、そして鉄斎~」(2017年3月4日~5月7日)を見に行った話である。

あっ!隠遁生活201705

1420時過ぎ、泉屋博古館に到着。
JAF会員割引で640円を払い入館。

中庭の緑と空の青さが綺麗である。

泉屋博古館201705-2

中庭を右に見ながら会場へ。

世間の喧噪を離れ、自然の中で静かな暮らしを楽しむ隠遁生活。
庵で四季の移ろいを楽しみ、茶や酒を嗜む。
思うにまかせない現実生活の中で隠遁生活は憧れの的となった。
本展では主に日本の文人たちが理想の隠遁生活をイメージして描いた山水画などを中心に展示されている。
(本展パンフレットから要約)

画に関しては素人だが、山水画ってやっぱり良いなあ。見入ってしまう。
隠遁生活をしたいという願望もあるが、やっぱり画として美しいのだろう。
しばし至福の時を過ごした。

1500時過ぎに退場。

泉屋博古館201705-3

中庭を見ながらたばこを一服してふと頭に浮かんだことがある。
ここ、泉屋博古館はもしかしたら隠遁生活そのものを味わえるのではないか、ということである。
京都の街中にありながらこの静寂。
五月晴れで微風が心地良い。
山の中に住む隠者(中隠、小隠だったっけ?)ではなく、街中に住む隠者が本当の隠者(大隠)と言われているが、
ここはまさしく隠者が住まう仙境だと思った。

たばこを一服後、退館した。

ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: 京都の博物館、美術館

thread: 美術館・博物館 展示めぐり。

janre: 学問・文化・芸術

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/422-eeeec11b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop