つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 京都の古本まつり »スズキ・ジムニーの本かと思ったら

スズキ・ジムニーの本かと思ったら  

前回の続き。
5月初め、京都・岡崎へ行ってきた話である。

0940時頃、京都市勧業館、通称みやこめっせに到着。
ここで開催されていた「第35回春の古書大即売会」(2017年5月1日~5日)が目的である。

「第35回春の古書大即売会」看板

地下1階の喫煙コーナーで煙草を一服。
1000時前、古本祭り会場へ。
50人ほど開場を待っていただろうか。

1000時開場。
待っていた人たちは静かに会場内へ散っていった。
自分は会場奥に向って右側から本を見ていく。

「第35回春の古書大即売会」開場直後

今回、クルマのカタログを大量に出品していた店が何店かあった。
自分が初めて買ったクルマのカタログを以前から探しているのだが、今回も見つからず。

「JIMNY」という文字が目に飛び込んできた。
スズキの軽4駆、ジムニーの本かと思い、手に取ってみたらジェームズ・ディーンの本だった。
本のタイトルをよく見ると「JIMNY」ではなく、「JIMMY」だった。

1130時、会場右半分のブースを見終わったところで昼食をとることにした。収穫は今のところ無し。
みやこめっせ内のレストランへ行き、カツカレー(サラダ付き)1200円を食べる。
1200円の価値があるかどうか・・・取りあえず完食。

喫煙コーナーで一服。
空が青い。見上げたまましばらくボーッとしていた。

「第35回春の古書大即売会」喫煙コーナー空

1200時過ぎ会場へ戻ると会場の一隅に人だかりが。

「第35回春の古書大即売会」木版画刷1

木版画刷の実演である。
刷り師(と言うのかな?)の方はまだ若かったが、客の質問によどみなく答えられていた。
自分の芯をしっかりと持っているように見える。うらやましい。

「第35回春の古書大即売会」木版画刷2

その後、本を見ていったが、結局収穫は無し。
京都の古本まつりでは昨年秋の百万遍・知恩寺に続いての収穫0冊である。
自分の中の古本熱が冷めてきたのだろうか。

1400時、会場を出た。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: 京都の古本まつり

thread: 日帰りお出かけ

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/420-45969ab2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop