つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 本を売る »笑えない洋楽展

笑えない洋楽展  

前回の続き。
3月に新古書店へ本を売りに行った話である。

⑪みうらじゅん 安齋肇 笑う洋楽展 マイクロマガジン社 2016年

はNHK・BSの土曜深夜の番組「笑う洋楽展」の書籍化である。

みうらじゅんと安齋肇(どちらもイラストレーター)が洋楽ミュージックビデオをネタにトークを繰り広げるらしい。
「らしい」と書いたのはBSに加入していないので番組が見られないからである。

笑う洋楽展

読んでいて最も印象に残ったのはアメリカを代表するソウル・シンガー、アル・グリーンの「レッツ・ステイ・トゥギャザー」(1971年)の章である。

1974年、アル・グリーンは当時つきあっていた女性に自宅でプロポーズされたのだが、返事を保留したところ鍋一杯の沸騰したゆで汁を浴びせられた。
大やけどを負って隣の家に助けを求めて行っている間に彼女は銃で自殺してしまった。

後からわかったことだが、彼女には夫と3人の子供がいたらしい。
事件の後、彼は神の啓示を受け、牧師になった。

これを受けて安齋が「ソウル・シンガー系の人って多くないですか。家族に撃たれちゃうとか。浮気沙汰とか。」と言っている。
発言の脚注にはその実例が記されていた。
マーヴィン・ゲイは口論の上父親に射殺され、サム・クックはトラブルの末、モーテルの女主人に射殺されている。
へえ、マーヴィン・ゲイってそうやったんや・・・合掌。

さて、買い取り金額を書く前に売った本を再度以下に記す。

①ナショナルジオグラフィック日本版 2017年2月号 日経ナショナルジオグラフィック社
②岳人 2017年2月号 ネイチュアエンタープライズ
③岳人 2017年4月号 ネイチュアエンタープライズ
④長島要一 大正十五年のヒコーキ野郎 原書房 2016年
⑤大島義史 会社員自転車で南極点に行く 小学館 2016年
⑥坂本龍一 中沢新一 縄文聖地巡礼 木楽舎 2010年3刷
⑦さわだいっせい ウエスギセイタ 未来住まい方会議 三輪舎 2016年
⑧田邊優貴子 すてきな地球の果て ポプラ社 2013年

すてきな地球の果て

⑨大原扁理 年収90万円で東京ハッピーライフ 太田出版 2016年

年収90万円で東京ハッピーライフ

⑩角幡唯介 旅人の表現術 集英社 2016年
⑪みうらじゅん 安齋肇 笑う洋楽展 マイクロマガジン社 2016年
⑫椎名誠 寄食珍食糞便録 集英社新書 2015年2刷
⑬山形孝夫 砂漠の修道院 平凡社ライブラリー 2006年3刷
⑭平沼義之 廃道探索 山さ行がねば じっぴコンパクト文庫 2016年

買い取り金額は

①②③ 計130円
④250円
⑤250円
⑥350円
⑦150円
⑧300円
⑨250円
⑩150円
⑪250円
⑫40円
⑬70円
⑭60円

買い取り金額10%割り増しクーポン使用

計 2475円

だった。
 
にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: 本を売る

thread: 洋楽

janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/416-fd9d2211
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop