つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 寺社 »番匠器名号

番匠器名号  

前回の続き。
先月下旬、大阪・四天王寺へ行ってきた話である。

1000時過ぎ、亀を見た後境内を歩く。
見上げると青い空にたなびく白い幟が目に付く。
毎度の事ながら幟に書かれた字のデザインに感心した。

番匠器名号201704-1

2022年の「聖徳太子千四百年御聖忌」に伴う整備事業の一環で、現在中心伽藍の耐震補強、塗装塗り直しの工事が実施されている(2018年完了予定)。
その安全を願ってだろう、宮大工道具で「南無阿弥陀佛」と書かれている。

幟の根元に説明の看板が立っていた。
それによると由来は聖徳太子らしい。
太子は百済より大工(番匠)の技術を持ち込み、大工たちの間では大工技術の始祖と崇め奉られている。
四天王寺の七堂伽藍を創建した際、大地の産物の命を絶ってしまうので番匠器(大工道具)で「南無阿弥陀佛」の名号を書き、
工事安全と無事建立を祈ったと言われている。
実物は軸装で宝物館に収蔵されているが、工事作業時は番匠器名号を旗に変えて作業中の安全祈願として掲揚していると記されていた。

番匠器名号201704-2

「南無阿弥陀仏」の一文字、一文字をじっくり見ていくのもおもろい。

例えば「佛」。
人偏の「ノ」は鋸、縦線は釿(きん、ちょうな)。
「弗」の縦の2本線は鎚2本、「弓」の部分は鑿2本と鎰(かぎ)。

番匠器名号201704-3

青い空の風の中でたなびく幟を見るのは気持ちいいが、ずっと見上げていると首が痛くなる。
そろそろここへ来た本来の目的、「第15回 四天王寺春の大古本祭り」(2017年4月28日~5月3日)のテント巡りを始めようと思う。

次回へ続く。
ヘイヘイ。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

category: 寺社

thread: ちょっとおでかけ

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/412-2917a47f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop