つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 本を読む »北極で暮らした日々

北極で暮らした日々  

電車の中ではいつものように本を読んでいた。
読んでいたのは

ジェイムズ・ヒューストン 北極で暮らした日々 どうぶつ社 1999年

この本は2014年のゴールデンウィーク、京都・みやこめっせでの古本まつりで購入した。

(写真 右)

2014みやこめっせ2

1950年代のカナダ北部、先住民族イヌイットの中で暮らし、その芸術を世に広く知らしめた作家の回想録である。
日々の生活やイヌイットの文化、犬ぞりでの旅等、色々な話題が書かれている。
390ページのぶ厚い本だが100章に分かれており非常に読みやすい。
著者のペン画が良い味を出している。

JR三ノ宮駅前201704

本の世界にどっぷりとはまり、あっという間にJR三ノ宮駅に着いた。

1000時前の三宮。雨は上がっていたが、また降り出しそうな空模様である。
ポートライナー伝いに歩いて行く。

ポートライナー沿い201704

徒歩10分でサンボーホールに到着。
ここで「第12回サンボーホール ひょうご大古本市」(2017年4月7日~9日)が開催されていた。

サンボーホール201704

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

category: 本を読む

thread: 読書記録

janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/405-af895541
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop