つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 2017モーターサイクルショー »音叉とフライングK

音叉とフライングK  

前回の続き。
インテックス大阪1、2号館で開催された「第33回大阪モーターサイクルショー2017」(2017年3月18日~20日)へ行ってきた話である。

1210時頃、ニューモデル体感試乗会会場を後にし、会場内へ戻った。
まずヤマハブースへ。

xsr201703.jpg

かつてのヤマハレーシングを彷彿させる白地に赤のストライプ。これを身にまとうだけでオートバイの印象がガラリと変わる。
めっちゃ格好良く見えるんだよなあ。

SR400。

sr201703.jpg

タンクのグラフィックデザインが変ってガキっぽく見える。
何故半ば伝説と化しているSRをこんな風にしたのか。

MTー10。

mt-10201703.jpg

顔がめっちゃカッコイイ。

ツーリングセロー。

serrow201703.jpg

昨年愛車を買い換えた際、候補の1つだったオートバイである。
大型のリアキャリアやウィンドスクリーンが付いていて、ツーリングを主体にオートバイを選んでいる自分にとって目が離せない存在だ。

燃料計とタコメーターが付いていたら現在の愛車になっていただろう。

カワサキのブースへ。

ここにも是非見たいオートバイがあった。

VERSYS-X250。
2気筒250ccエンジンを搭載したアドベンチャータイプのオートバイである。
パニアケースやハンドルガード、フォグランプを装備したモデルもあり、ツーリングに活躍しそうである。

versys-x250201703.jpg

難点を挙げるとすれば、250ccとしては少々重いこと。車両重量は183㎏。
そしてホイールはスポークである。キャストホイール、チューブレスタイヤにした方がデザインやこのオートバイの性質上良かったのではないか。

ビミョーなオートバイである。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: 2017モーターサイクルショー

thread: バイクのある生活

janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/401-09f8256b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop