つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 2017モーターサイクルショー »短足にはやっぱり無理

短足にはやっぱり無理  

前回の続き。
インテックス大阪1、2号館で開催された「第33回大阪モーターサイクルショー2017」(2017年3月18日~20日)へ行ってきた話である。

スズキのブースを出た後はホンダのブースへと向った。

ホンダはメーカーのブースと販売店系列のホンダドリームのブースが出展。
まずはホンダドリームのブースへ。

ここには足着きを確認したかったCRF250RALLYが跨がれるように展示されていた。
それも普通に駐車するようにサイドスタンドを立ててである。

CRF250RALLYLD201703-01

通常、展示車で跨がれるものは車軸部分にスタンドが付いて床に固定されている。
多分、来場客がオートバイを誤って倒してしまうのを防ぐためであろう。
跨がった際に倒してしまったり、混雑しているためにぶつかって倒してしまったり。
しかしこれだと実際の足着きとは違ってくる。若干シート高が高くなっている。
できれば普通にサイドスタンドを立てて展示してほしいのだが無理だろう。

ホンダドリームのCRF250RALLYはローダウン仕様(シート高830㎜)の方である。
2、3人待って跨がってみる。

CRF250RALLYLD201703-02

サスが沈み込む。オフロード車特有の柔らかさ。
両足のつま先が着いた。これなら乗れそうだ。

シートレールには荷掛フックとヘルメットホルダーが付いており、日常のみならずツーリング時にも活躍しそうである。

CRF250RALLYLD201703-03

このCRF250RALLYはかなり人気があり、人がひっきりなしに跨がったり、細部をしげしげと観察していた。
自分もこれは欲しいと思った。次期愛車候補である。

ホンダドリームを出てホンダブースへ。

ここにもCRF250RALLYが展示されている。通常のシート高(895㎜)の方である。

CRF250RALLY201703

跨がってみたが足が全然着かない。
スタンドで床に固定されているので実際よりはシート高があるのだろうが・・・
こちらの方はやっぱり無理だと思った。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

category: 2017モーターサイクルショー

thread: バイクのある生活

janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/397-b20758cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop