つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 2017モーターサイクルショー »並列なのにV

並列なのにV  

前回の続き。
インテックス大阪1、2号館で開催された「第33回大阪モーターサイクルショー2017」(2017年3月18日~20日)へ行ってきた話である。

1020時過ぎに会場内へ入る。
まず向った先は足着きを確認したかったCRF250RALLYがあるホンダのブース、ではなくスズキのブースである。
CRF250RALLYより見たいオートバイがあったからである。

スズキブース201703

ブースに着くとステージでスズキのえらい人(だと思う、誰かは知らない)が挨拶を述べていた。

さて見たいオートバイはこれ。

v-strom250201703-1.jpg

V-STROM250である。

水冷並列2気筒250ccのオートバイである。

v-strom250201703-2.jpg

並列なのに何故車名に「V」が付くのか。
デザインが共通している兄弟車の650と1000(共にVツイン)に名前を合わせただけか。

実は「V」は万能、多目的を表わす英語「versatile」の意味が込められていて、それにふさわしい性能を有するオートバイ、ということらしい。
(モーターサイクリスト誌2017年1月号に載っていたミラノショーの記事より)
何だかこじつけのような気がするが。

デザインはアドベンチャーモデルによく見られるくちばし(このデザインは元々はスズキが始めたらしい、BMWではない)が特徴で、
オンロード、オフロード問わず走れそうである。

ツーリングに最適なオートバイを第1条件に自分はオートバイを選んできた。
ウィンドスクリーン、ハンドルガード、そしてリアキャリアを装備しているV-STROM250は早くも次期愛車候補である。

v-strom250201703-3.jpg

特に注目したのは積載性。リアキャリアはロングツーリングの際は大活躍するであろう。
キャリアやシートレール部にはベルト、ゴムロープ類を掛けられるフックや穴が見られる。

v-strom250201703-5.jpg

ちなみにシートレール部の穴はパニアケースを取り付けるためであり、装着したモデルも展示されていた。

展示車両に跨がってみたが、足着き性は良好である。メーターはデジタルでタコメーター、燃料計も表示される。

v-strom250201703-4.jpg

ただ気になるのは車両重量である。
公表されてはいなかったが、250ccにしては結構重いかもしれない。

今回参考出品車として日本初登場したが、是非発売してほしい。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

category: 2017モーターサイクルショー

thread: バイクのある生活

janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/395-02ea1db5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop