つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 放浪、隠居・隠遁に関する本 »これはBライフではなく、特Aライフだろう

これはBライフではなく、特Aライフだろう  

電車内ではいつものように本を読んでいた。

読んでいたのは

高村友也 自作の小屋で暮らそう ちくま文庫 2017年

である。

2011年に刊行された単行本「Bライフ 10万円で家を建てて生活する」(秀和システム)が改題、文庫化された本である。
自分はこの単行本の方も読んで持っているのだが、もう1度読み直したいために最近文庫を買った次第である。

自作の小屋で暮らそう Bライフの愉しみ

内容は著者が送る「Bライフ」について、その始まりから日々の暮らしの体験やノウハウが著わされている。

「Bライフ」って何?

「Bライフ」とは著者である高村氏の造語で「Aというよりは下のBクラスの生活」の意で名付けられたらしい。
好きな時に好きなだけゴロゴロと寝転んでいたい為に、安い土地を買って適当に小屋でも建てて住んでしまおう。
仕事も生きるための最小限に抑えようというものである。

「Bライフ」を読んで自分が求めている生活はこれだ、と衝撃を受けた。
現代日本の隠遁生活がここにはあったのだ。

好きなだけ寝ていたい。
ほとんど仕事に対する義務感の為だけで行なっている長時間労働なんかしたくない。
地域や親族の妙なしがらみに縛られたくない。
しょうもない奴と関わり合いになりたくない。
好きな時に好きなだけふらっと出かけたい・・・

これはそういう人たちの為の本である。

著者は10万円で家(小屋)を建て、月1万円の食費で「人類史上まれに見る高水準の食事」を取っている。
家族(老親、子供)に対する義務や贅沢を望む気持ちが無ければ実現可能かもしれない。

読みふけっていたら大阪・ニュートラム南港ポートタウン線中ふ頭駅に0930時過ぎに着いた。

次回へ続く。
ヘイヘイ。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: 放浪、隠居・隠遁に関する本

thread: シンプルライフ

janre: ライフ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/393-5aebeeb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop