つくぶすま68の備忘ログ ホーム » ツーリングに関する本、モノゴト »果たして足は着くのだろうか

果たして足は着くのだろうか  

前回の続き。
京都・四条河原町近くの新古書店を出て河原町通りを北上、丸善京都本店へ。

ここで購入したのは1冊だけ。

アウトライダー2017年4月号 バイクブロス

隔月刊のオートバイツーリング雑誌である。

アウトライダー2017年4月号

毎号この雑誌を買っているのだが、楽しみの1つは連載記事「田舎暮らし、ときどき野宿」である。
野宿ライダー、寺崎勉が各地の林道を走り野宿する旅を書いている。
今号では房総半島の林道をレストアしたホンダCT110(通称ハンターカブ)で走っていた。
ハンターカブ良いなあ。

アウトライダー2017年4月号田舎暮らし、ときどき野宿

最近この連載ではレストアしたオートバイで走ることが多い。
前号の2017年2月号ではホンダCRM80、その前はホンダTLR125のエンジンを載せたホンダエルノシア125・・・
林道旅に加えてレストアしていく過程を読むのもおもろい。

この号ではもう1つお目当ての記事があった。

2月20日から発売が開始されたホンダCRF250RALLYのインプレション記事。
CRF250Lをベースとしたこのオートバイはダカールラリー参戦のマシンを彷彿とさせる外観が特徴である。

アウトライダー2017年4月号crf250rally

ツーリングに大活躍しそうなこのオートバイが非常に欲しい。
ただシート高が高そうである(895㎜)。サスの沈み込みはあるだろうが、果たして短い自分の足は着くのだろうか。
もし買うならローダウン仕様(65㎜低い)かな。

オートバイは実際跨がってみないとわからない。
そこで後日CRF250RALLYに跨がりに行ってみた。

crf250rallytypeldabs201703-1

(写真注)跨がっているのは筆者自身ではない。全く赤の他人である。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: ツーリングに関する本、モノゴト

thread: ツーリング

janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/392-58f6a62c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop