つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 兵庫の古本まつり »京阪神古書3連戦(初戦・三宮)

京阪神古書3連戦(初戦・三宮)  

昨日8月11日にさんちか古書大即売会へ行ってきた。

開催5日目ということもあり人出は少なかったのでゆっくり棚を見ることができた。
神戸という土地柄のせいか海や船に関する本が多くあり、京都や大阪の即売会とは一味違う印象をさんちかでは受ける。

購入したのは以下の5冊。

①塩見直紀 半農半Xという生き方 ソニーマガジンズ新書 2008年 300円

②汎太平洋フォーラム編 生きている太平洋 神戸新聞出版センター 1987年 500円

③G.ウォ P.ウィルム 4000米の深海をゆく 新潮社 1957年 500円

4000m.jpg

④稲垣足穂 ライト兄弟に始まる 徳間書店 1970年 2000円

⑤石黒敬七 ビール物語 井上書房 1961年 1000円

wrightbrothers.jpg

①は生業として半分は農業をして半分は自分の好きなことや才能を生かした仕事を行なうライフスタイルを提唱している本である。
「半農半X」という言葉は以前から知っていた。
何で知ったのかは思い出せないが、多分セミリタイア生活、隠遁生活を紹介する本かブログだったかと思う。
この本がセミリタイア生活的なことを書いているのかどうかはわからないが一つの生き方として興味があった為購入した。

②、③は海に関する本である。
③はフランスの潜水艇が深海4000メートルに挑戦する話らしい。

④は飛行機に関する考察を記したものらしい。稲垣足穂の名前だけは知っていたが、何を書いた人か全く知らない。
本のデザインが気に入ったので購入。これを機会に稲垣足穂を読んでみようと思う。

⑤は題名通りビールに関する薀蓄を語った本である。ビールが好きというだけで購入してみた。

beersanchika.jpg


その後三宮センター街にある新古書店へ立ち寄ったが特に何も買わず、
代わりにフラワーロードに面したロフトで財布を買って帰宅した。

次は第2戦、下鴨納涼古本まつりだ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: 兵庫の古本まつり

thread: 古本

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/39-2955011f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop