つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 2016北陸ツーリング »見るなら白川より五箇山

見るなら白川より五箇山  

前回の続き。
昨年2016年ゴールデンウィークの富山県へのオートバイツーリングの話である。

ツーリング1日目、1400時前に冨山県・五箇山の世界遺産、相倉合掌集落に到着した。
観光客は多かったが、渋滞もなくスムーズに駐車場へ。(駐車料金 二輪車100円)

相倉201605-2

合掌造り集落と言えば、岐阜県・白川郷の方が知名度が高い。そのため、周辺道路は渋滞、集落内は混雑している。
見るのであれば五箇山の方が良い。ゆっくりできると思う。

相倉201605-3

集落内をゆっくり散歩。
使い古された表現だが、日本昔話の世界である。

相倉201605-4

ある合掌造りの小屋が目に入った。合掌造りの屋根部分が直接地面に建てられている。
「原始合掌造り(天地根元造り)」と言うらしい。

相倉201605原始合掌造り

まるで縄文時代の竪穴式住居を思わせる。
ここから合掌造りへと進化したのだろうか。

民宿もやっている1軒の民家の中へ。入館料金300円。

相倉201605勇助

2階、3階は養蚕や大工道具、生活用具の展示室になっていた。
民家の内部構造も見られる。
合掌造りは1階を宮大工が、2階、3階を地域の共同作業で造っている。
釘を一切使わず、ピンとハネガイで強度の補強を行なっている。

ピンは2階から上の合掌を1階で受け止める役目を果たしている。
そしてハネガイは筋交いの一種である。クロスに割木を組み、強度を高めた。

相倉201605勇助ハネガイ

木材が煙で燻されて良い色になっている。これにより強度を増し、虫にも強く、長い年月に耐えることができる。

1時間ほど集落内に滞在、1500時頃出発した。

相倉201605-5

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

category: 2016北陸ツーリング

thread: 歴史・文化にふれる旅

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/380-46193b1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop