つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 本を読む »吹くな風、呼ぶな嵐

吹くな風、呼ぶな嵐  

勤務している工場が夏季休暇に入った。

先日の記事にも書いた通り、ここ数年は北海道へオートバイツーリングに行っていた。
今夏はフェリーの予約が取れなかったため関西圏内の近場をうろうろしようと思っていた矢先の台風来襲である。
フェリーも欠航が出ており、ツーリングする予定を立てなくてよかったと安堵している。

ライダーの皆様、特に北海道等へ遠出しようとした方々の心中お察し申し上げます。

行くつもりはもともと無かった北海道だが、やはり心の片隅には引っかかるものがある。
台風一過の北海道の広い空って・・・最高だろうなあ。

そこで北海道関連の1冊について書く。

堀田貴之 海を歩く 山と渓谷社 2000年 810円

海を歩くカバー

宗谷岬をスタート・ゴール地点としカヤックで北海道を一周する旅行記である。
やはり強風の襟裳岬、濃霧の道東太平洋沿岸では停滞を余儀なくさせられたみたいである。

意外にも自分が陸から見た北海道と著者が海から見た北海道はあまり変わらないものだった。
オートバイとカヤックは陸と海、機械と人力の違いはある。
しかし体を周囲の自然にむき出しにして風を受け移動する点では同じだからかもしれない。

各章の間にコラムが載っている。
航海術や計画の立て方、装備等海での旅行方法について書かれていて非常に興味深かった。

海を歩く本体

自分は近々また北海道へ行けるだろうか、と想いを馳せながらこの記事を書いているが、
一方では明日11日からの京阪神古書3連戦のことも考えている。

予定では

・初日 さんちか古書大即売会
 
  8月11日 神戸・三宮 さんちかホール

・2日目 第27回下鴨納涼古本まつり

  8月12日 京都・下鴨神社 糺の森

・3日目 2014阪神夏の古書ノ市

  8月13日 大阪・阪神百貨店梅田本店 8階催事場


のつもりだ。

ちなみに8月11日から開催されるはずだった京都の第27回下鴨納涼古本まつりは
台風で準備ができず12日からの開催となるようである。


京都と大阪は開催初日で人が多いだろうなあ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: 本を読む

thread: 古本

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/38-78253480
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop