つくぶすま68の備忘ログ ホーム » コミック・アニメ »金の神

金の神  

前回の続き。
先月下旬のある日、新刊書店、古書店で買った本についての話である。

新刊書店で5冊買った後、新古書店へ寄った。

そして買ったのは

野田サトル ゴールデンカムイ 1巻~7巻、9巻 計8冊 集英社 10%割引券、17ポイント使用で2800円

である。

明治後期の北海道を舞台に、日露戦争の帰還兵とアイヌの少女が金塊を探し求める物語で「週刊ヤングジャンプ」に連載中であるらしい。
昨年の「マンガ大賞」を受賞、最新9巻までの累計発行部数270万部を越えたらしい。
アイヌの風習、文化がリアルに表現されているらしい。

ゴールデンカムイ1巻2巻

文の末尾が「らしい」ばっかりである。
買った巻や冊数から推測できると思うが、このマンガはこの日に初めて買った。何故なら存在を最近初めて知ったからである。そしてまだ読んでいない。
だから「らしい」ばっかりなのである。

「ゴールデンカムイ」を知ったのは2017年1月19日の毎日新聞である。
この日の11面、「オピニオン」のページに「そこが聞きたい 先住民族アイヌの今」という記事が載っていた。
北海道アイヌ協会理事長の加藤忠氏へのインタビューである。
その欄外の「聞いて一言」コーナーで「ゴールデンカムイ」が挙げられていた。
加藤理事長が「よく描かれている」と太鼓判を押しているこのマンガによってアイヌへの関心が高まればいい、と記事が締めくくられていた。

自分はアイヌの文化に以前から興味を持っている。
そのきっかけになったのはオートバイでの北海道ツーリングである。
北海道特有のアイヌ語地名の虜になってしまった。
新刊、古本漁りでもアイヌ関連の本は自分のターゲットの一つになっている。

前回記事に挙げた

②時空旅人別冊 今こそ知りたいアイヌ 三栄書房 2017年

は「ゴールデンカムイ」と絡めたアイヌ文化に関するムックである。

今こそ知りたいアイヌ ゴールデンカムイ

ネットで「ゴールデンカムイ」について調べていたら、この本がヒットした。
マンガを買う前にその関連本を買うのはどうかと思ったが、中身を確認しておもろかったから購入した。

自分は普段マンガを読まない。本屋に寄っても滅多にコミックのコーナーへは立ち入らない。
マンガを買ったり読んだりするのは新聞や雑誌などで紹介されていて興味を持ったという理由がほとんどである。
この「ゴールデンカムイ」や最近読んだマンガもそうである。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

category: コミック・アニメ

thread: この本買いました

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/374-0ab4ba8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop