つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 野宿ライダー寺崎勉関連の本、雑誌 »新生ゴキブリ7号

新生ゴキブリ7号  

前回の続き。
軽四駆スズキ・ジムニーの専門誌「スーパースージー」誌に野宿ライダー・寺崎勉が連載している林道野宿旅日記「奥の超細道」の話である。

「愛馬」が2014年6月号でロシナンテ号(ジムニーJB23)に換わったのだが、このクルマは「スーパースージー」誌以外でも登場する。
「月刊オートキャンパー」誌(八重洲出版)である。
この誌上で寺崎氏は2015年12月号まで「寄り道迷い道」という軽自動車の自作キャンピングカーでの林道野宿旅日記を連載していた。
ロシナンテ号は「オートキャンパー2014年7月号」に初登場する。
ここでは「ゴキブリ7号」と名付けられていた。

オートキャンパー201407寄り道迷い道1

「ゴキブリ7号」は氏の自作キャンピングカーの7代目である。
歴代のキャンピングカーは「ゴキブリ○号」と呼ばれている。
ちなみに前代「ゴキブリ6号」は1995年(平成7)製のダイハツ・ミラ5ドア5速MTである。 

ゴキブリ7号は2000年(平成12)製のスズキ・ジムニー(JB23W)。
前回記事でも書いた通り助手席とリアシートを取り外し、コンパネで床を平らにし、テーブルと棚を設置。
ルーフレールにキャリアバーを取り付けてスペアタイヤとタープ(作業用のブルーシート)を積載している。

オートキャンパー201407寄り道迷い道2

この号では山梨への林道野宿旅。
15年ほど山梨県人だった寺崎氏、
生まれも育ちも甲府の沢海(そうみ)カメラマン(愛車ミニタン号、1988年(昭和63)製三菱ミニキャブバン4WD550ccの自作キャンピングカー)の2人が
当時のNHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」関連の展覧会やロケ地を巡っていた。

ところで「オートキャンパー」誌を出版している八重洲出版にお願いが2つある。
これはこのブログで何回も書いていることだが。

一つは「寄り道迷い道」の連載再開。
どういう事情で連載終了になったのかわからないが、出版社の事情で終了になったのであれば是非再開してほしい。
もう一つは「寄り道迷い道」のムック化である。
全回分掲載は無理だろうが、歴代の「ゴキブリ○号」が登場するムックを編集販売してほしい。

八重洲出版さん、なにとぞよろしくお願いします。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: 野宿ライダー寺崎勉関連の本、雑誌

thread: キャンピングカーぶらり旅

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/369-d68cd113
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop