つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 社会・労働 »労働者は生かさず、殺さず

労働者は生かさず、殺さず  

以下、とりとめのないことを書く。

本日は久しぶりの定時退社だと思ったら、定時後に急遽係内の会議。
結局定時後、1時間強会社に残っていた。
この会議は残業時間とカウントされない。だから残業代も付かない。
会社の業務ではなく「社員の自主的な活動」だからである。
上司の指示だから会社の業務になるはずなのに・・・

これと似た事例は他社でも多くあるだろう。
生産現場等で行なわれるQC活動、小集団活動、カイゼン活動、「勉強会」などの強制的な「社員の自主的な活動」が。

何年か前に新聞か何かで知った記憶があるのだが、
某大手企業がQC活動で「残業」する場合は残業手当を出すようにしたとの報道があった。
当たり前である。会社の指示なのだから。
大手企業でさえこの有様である。自分の勤める弱小、じゃなかった中小企業なんかに残業手当なんて出ないだろう。

帰宅して朝は読めなかった新聞を読む。
購読している毎日新聞の第一面の見出しは「残業上限「月80時間」と載っていた。

読んでみると、政府は長時間労働の是正策として残業時間の上限規制について「月80時間」を軸に調整に入ったらしい。
1ヶ月単位だけでなく、半年や1年などの期間でも規制を設け、この場合は「月平均45時間」などとする案が出ているとのこと。

過労死ラインは残業月80時間と言われている。上限をこの80時間にするのは如何なものだろうか。
月平均45時間としてもだ。45時間でも結構キツい。
この時間も書類上に残る時間が前提である。
悪く解釈すれば、心身共に健康に害はあるだろうが死なないからこの程度にしておけ、ということか。
この記事を読んで自分は江戸幕府第3代将軍の徳川家光が言ったとされている言葉「農民は生かさず殺さず」を思い起こした。

この記事を書きながらビールを飲んでいる。
キリンの一番搾りである。だが普通の一番搾りではない。

近所のスーパーで売られていたキリンの全国9工場で作られた独自の一番搾り各1缶計9缶と普通の一番搾り3缶、1箱12缶セットの内の1缶である。

9工場の一番搾り飲みくらべセット

製造した工場は千歳、仙台、取手、横浜、名古屋、滋賀、神戸、岡山、福岡である。
本日飲んでいるのは取手工場製造の「取手づくり」である。
普通の一番搾りはアルコール分が5%に対し、この「取手づくり」は5.5%と若干高めに作られている。
味の違いは・・・うーん、よくわからん。
自分は本当に飲ませ甲斐の無い奴である。

箱のデザインで気になったことがある。掲載した写真をよく見てほしい。
8工場がある道や県はその形が印刷されているのに、滋賀工場のある滋賀県だけはなぜか琵琶湖の形である。
何故だ?

良く解釈すれば滋賀県民、どころか関西在住の人間にとっては「母なる湖」だから特別に琵琶湖の形を、
悪く解釈すれば滋賀県なんて地味で琵琶湖しかイメージがわかないから琵琶湖にしておこうということだろうか。

とりとめもないことを書いてしまった。
本来なら今月初めに新古書店へ売った本について書くつもりだったのだが、それは次回へ・・・多分。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

category: 社会・労働

thread: 生活向上のために

janre: ライフ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/364-3bb86261
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop