つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 東京の古本まつり »海上自衛隊と海上保安庁の御用達?

海上自衛隊と海上保安庁の御用達?  

前回の続き。
・「第57回東京名物・神田古本まつり」(2016年10月28日(金)~11月6日(日))
・「 第26回 神保町ブックフェスティバル」(2016年10月29日(土)、30日(日))
へ行ってきた話である。

神保町自転車201610

昼食を取った後、1215時頃、再びブックフェスティバルの会場に戻った。

ものすごい人出。すずらん通りはもう普通に歩けない。
露店の前でゆっくり本を見るのも困難な状態である。

神保町ブックフェスティバル201610-3

ブックフェスティバルで買ったのは

①ユリイカ 2016年1月臨時増刊号 坂口恭平特集 青土社 800円

ユリイカ 2016年1月臨時増刊号 坂口恭平特集

②小島敏男 しらせ 南極観測船と白瀬矗(しらせのぶ)成山堂書店 2011年 1400円

しらせ 南極観測船と白瀬矗

②を買った成山堂書店では

・海上自衛官ダイアリー平成28年版 2016年 成山堂書店
・成山堂書店総合図書目録2016年3月版

をもらった。

海上自衛官ダイアリー平成28年版

「海上自衛官ダイアリー」と姉妹手帳(という呼び方で良いのか?)になる「海上保安ダイアリー」は何年か前に一度買ったことがある。
普通に手帳として使うためである。
毎日の日出・日没、満干潮の時間はもちろん、海上標識等の海や船に関する資料が載っていて、読み物としてもおもろかったからである。
来年の手帳は久しぶりに「海上保安ダイアリー」にしてみようかなあとその時は思った。

後日買った来年の手帳は「天体観測手帳2017」(技術評論社)である。12月5日の記事を参照

ブックフェスティバルの全店舗を見終わった後、ジャズの野外演奏をしばらく見て、靖国通り沿いの古本まつり「青空掘り出し市」会場へ。

ニューオリンズジャズ演奏201610

ここも人出が半端ではない。

神田古本まつり会場201610-4

棚もまともに見られないし、歩くこともままならない。

神田古本まつり会場201610-5

早々に退散し、駿河台下交差点から明大通りを歩いていく。

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: 東京の古本まつり

thread: 釣り

janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/348-8999f167
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop