つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 放浪、隠居・隠遁に関する本 »隠遁するには狩猟採集技術も必要か?

隠遁するには狩猟採集技術も必要か?  

休日の0900時、京都市営地下鉄東西線・京都市役所前駅で下車した。

ここまでの電車内ではいつものように読書をしていた。

この日に読んでいたのは

千松信也 けもの道の歩き方 リトルモア 2015年

である。

京都大卒の猟師(わな猟、網猟)の2作目の著作である。
前著「ぼくは猟師になった」(リトルモア)を読んで続刊を待ち望んでいた。

著者は京都在住で運送業のかたわら猟を行なっている。自分や家族が食べる肉の分だけ獲り、商業的な、いわゆるプロのハンターではない。
猟を中心とした日々の生活が記されたエッセイ集である。

けもの道の歩き方

自分は以前から仕事を辞めて低収入や無収入になった場合、食物は出来るだけ自給自足をしてカネを浮かさなければならないかなと思っている。
自給自足でも土地を借りて畑作等をするのではなく、採集生活をやってみたい。
農業は土地や時間の呪縛がありそうで多分自分の性には合わない。
猟や漁、山菜採取等で最低限の食物を確保できる生活が送れたらなあ。しかし未だに準備行動を起こしていない。釣りさえもやっていない。
思うだけでズルズルこのまま行動を起こさずに人生を終えるかもしれない。

さて京都市役所前駅下車後、御池通りの地下街を歩く。

ゼスト御池201611

休日だが、この時間は人があまりいない。

寺町通りへの出口から地上に上がり、本能寺の前を通って寺町通りを南下していく。

本能寺201611

次回へ続く。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: 放浪、隠居・隠遁に関する本

thread: 楽しく生きる

janre: ライフ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/341-1f2bf811
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop