つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 兵庫の古本まつり »何のために心身を壊すまで働かせるのか?、そして働くのか?

何のために心身を壊すまで働かせるのか?、そして働くのか?  

休日朝の電車の中ではウトウトと寝ていた。
連日の長時間残業で疲れていたのだろう。
自分は残業が本当に嫌である。しかし周囲を見ると「残業が嫌だ」と口で言いながら普通に、これがさも当たり前かのような顔をして仕事をしている。
なぜだろうか。
残業代がもらえるからか、仕事に対する義務感からか、仕事が趣味なのか、単に感覚がマヒしているからか。
それとも自分がおかしいのか、単に怠け者だからだろうか。

現在、電通の過労自殺が話題になっている。一人の人間が死んでしまった、否、殺されてしまった。
過労死、過労自殺するまで働かせるというのは殺人行為である。。
労働局が事業所の「立ち入り調査」を行なうのではなく、警察が殺人の罪として捜査すべきだと思う。
なぜ長時間労働がこの国では蔓延しているのだろう?その事に対して無神経な人間が多すぎる。

さて、電車をJR三ノ宮駅で下車、すぐ近くにある神戸高速鉄道の三宮駅へ。
一駅分乗り、地下にある花隈駅で下車した。

地上に上がり歩くとすぐ、本願寺神戸別院(通称モダン寺)が見えた。

モダン寺201611

浄土真宗本願寺派に属するこの寺はインド様式を取り入れており、斬新な外観に目を惹かれる。
そのためか、通称「モダン寺」と呼ばれている。
5基の尖塔が妙にカッコイイ。

そのモダン寺に向かって右折、そしてすぐ右手に見える路地へ入っていく。

路地の入り口で少し柄の悪そうな老人たちがたむろしていた。

兵庫古書会館前の路地201611

もしかしたら、この時間で既にアルコールが入っているかもしれない。
多分、この人達は過労死とは全く縁が無いだろう、というのは偏見か?

そして1000時、丁度花隈駅西口の裏にある兵庫古書会館に到着した。

続きは次回。
ヘイヘイ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: 兵庫の古本まつり

thread: つぶやき

janre: ブログ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/338-8f7deafe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop