つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 大阪の古本まつり »暑い10月のミナミの空に聳える2基の塔

暑い10月のミナミの空に聳える2基の塔  

前回の続き。
「第16回 四天王寺秋の大古本祭り」へ行ってきた話である。

1130時前に昼食を取るために一旦境内を出た。
四天王寺前夕陽ヶ丘駅の近くにあるとんかつ屋でロースかつ定食(上)690円を食べる。

1200時頃、境内に戻る。
天高く立っている幟の横に日本一高いビルである「あべのハルカス」(高さ300メートル)が望めた。

あべのハルカス201610

「あべのハルカス」には一度だけ行った。「近鉄アート館」で開催されていた「ムーミン展」を見るためである。
しかしこの時は展望台に寄らなかったので、今度行く機会があれば是非寄ろうと思っている。

そして立ち位置を変えて再び幟を見上げればその横には五重塔が。

四天王寺五重塔201610

現在、中心伽藍が聖徳太子千四百年御聖忌に向けて耐震改修工事が実施されている。
そのため今年5月の古本祭りへ行った際の五重塔は巨大な建屋の覆われていたが、今回はすでに取り払われていてその姿を久しぶりに拝めることができた。

午後からは西、南ゾーンの店を見ていく。
暑い。本当に今は10月か?
朝晩は涼しくなったが、日中は暑い日が続いていた。
今日もそうなるだろうと思っていたが、この日の大阪・四天王寺は午後にはTシャツ1枚で過ごせる程までになった。

四天王寺会場201610-5

O書店で「世界最長ラリーに挑戦して」」(二玄社、1976年)を見つけた。 
イギリス・ロンドンからオーストラリア・シドニー間のラリーレースの参戦記らしい。
100台の自動車が参加し、12日と9日の船旅を費やし、16000キロメートル、地球を半周するという壮大なレースである。
今年5月の古本祭りでも見かけて欲しかったのだが、16000円という価格に手が出なかった。
今回も16000円。価格が変わっていないので諦めた。もう少し安ければ・・・
もしかしたら来年春の四天王寺の古本祭りで再会できるかもしれない、否、既に売れてしまって無いかもしれない。


1時間ほどで西、南ゾーンの店を全て回ったが収穫は無し。

1300時すぎ境内を出た。

次回へ続く。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: 大阪の古本まつり

thread: 神社・仏閣巡り

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/331-4bd233c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop