つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 滋賀の博物館、美術館 »原子心子

原子心子  

先日、滋賀県大津市の瀬田にある滋賀県立近代美術館へ行ってきた。
ここで開催されている「手塚治虫展」を見るためだ。
オートバイに乗って行ったが、暑い。車にすれば良かったと後悔する。

JAF会員割引で800円を払い入館。壁面が全面ガラスの回廊を鉄腕アトムと一緒に歩いて会場へ。

手塚治虫展立て看板

鉄腕アトム (2)

正直に言ってしまうが手塚治虫の作品にはあまり思い入れはない。
テレビで子供の頃に「リボンの騎士」「ふしぎなメルモ」「悟空の大冒険」を見た記憶はあるが印象が薄い。

ではなぜ行ったのかというと完全に暇つぶし、現実逃避である。
逃避のネタになるようなものなら何でも良かった、と言えば身もふたもないが
仕事のストレスと猛暑から一時的に逃れられた。

展示作品を見ていて思ったのだが、人間という生き物は「せつなさ」というものを無意識に追い求めているのではないだろうか。
「せつなさ」を表現できた作品が名作であり、「せつなさ」を表現できた人間が大家になったりし伝説になるのではないか。
手塚治虫が「漫画の神様」と呼ばれるのは絵や物語の表現・構成方法だけではなくこの「せつなさ」を文字通り神レベルで表現できた作家だったからであろう、と勝手に解釈した。

手塚治虫座像


アニメで見た子供の時には感じなかった「せつなさ」がこの展示会場では有り余るほどあふれていた。
それを感じなかった子供の時の自分はやっぱりアホだったと思う。

「せつなさ」を感じたが「空腹」も感じた。
食事を取ろうと美術館近くのショッピングモール「フォレオ大津一里山」へ行った。
ここに出店している京都の地域チェーンである大垣書店へも立ち寄りたいと思ったからだ。

次回に続く。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: 滋賀の博物館、美術館

thread: 雑記

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/33-a9101c48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop