つくぶすま68の備忘ログ ホーム » 2015北海道ツーリング »現実への扉が開いてしまった

現実への扉が開いてしまった  

前回の続き。
昨年2015年夏の北海道オートバイツーリングの話である。

ツーリング5日目。
舞鶴行きのフェリー内。

1800時すぎ、船内のレストランで夕食。

あかしあ船上の空2015-3

夕食後、デッキで暮れなずむ空をしばらく眺めてまた読書。

舞鶴入港直前に荷物をまとめて下船の準備。
そして車両甲板へ。

定刻の2115時に舞鶴港に接岸。
とうとう現実への扉が開いてしまった。

舞鶴下船2015-1

まず車から下船し、その後にオートバイ。

舞鶴下船2015-2

車が出た後の車両甲板は広々している。
前向き駐輪したオートバイを後ろへ押して出し、続々とライダーが跨がって出口へ。
非常に慌ただしい。

舞鶴下船2015-3

家路を急いでいる。
まるで何かに追われるように現実の世界に戻ろうとしているかのようだ。
みんな気持ちの切替えが早いのかもしれない。

舞鶴下船2015-4

自分はオートバイに跨がらずライダーたちが去って行くのをしばらくぼーっと見ていた。

下船したのはほとんど最後であった。

港近くの宿に一泊。宿の窓から下船したフェリーが見えた。

宿からあかしあを望む2015

翌朝NHKの連続テレビ小説「まれ」を見た後出発、寄り道せずに帰宅した。

今回のツーリングの総走行距離は1423㎞。
よく走ったなあ。

これで昨年夏の北海道ツーリングの話はお終い。
ヘイヘイ。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: 2015北海道ツーリング

thread: 国内旅行記

janre: 旅行

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsukubusuma68.blog.fc2.com/tb.php/325-2b702a24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

訪問者数

▲ Pagetop